マリー・フォン・バーデン (1782-1808)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラウンシュヴァイク公爵夫人マリー、ヨハン・ハインリヒ・シュレーダー(Johann Heinrich Schröder)画

マリー・エリーザベト・ヴィルヘルミーネ・フォン・バーデンMarie Elisabeth Wilhelmine von Baden, 1782年9月7日 カールスルーエ - 1808年12月8日 ブルッフザール)は、ドイツバーデン辺境伯家の公女で、ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルフリードリヒ・ヴィルヘルムの妻。

バーデンの世継ぎ公子カール・ルートヴィヒと、その妻でヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ9世の娘であるアマーリエの間の五女として生まれた。1802年11月1日にブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公爵家の四男フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚した。

夫の領地が属するブラウンシュヴァイク=リューネブルク公爵領ナポレオンの弟ジェローム・ボナパルトの創設したヴェストファーレン王国領に併合されると、マリーは2人の幼い息子と一緒に弟カールの住むプフォルツハイムに避難し、1808年に出産に際して死去した。

子女[編集]