マリー・ファン・オラニエ=ナッサウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ファン・オラニエ=ナッサウ

マリー・ファン・オラニエ=ナッサウ(Marie van Oranje-Nassau, 1841年7月5日 - 1910年6月22日)は、オランダの王族。全名はヴィルヘルミナ・フレデリカ・アレクサンドリーネ・アンナ・ルイーゼ・マリーWilhelmina Frederika Alexandrine Anna Louise Marie)。オランダ王子フレデリックの次女で、ヴィートヴィルヘルムの妻となった。

1841年7月5日、マリーはフレデリックとその妃であったプロイセンフリードリヒ・ヴィルヘルム3世の王女ルイーゼの間に第四子として南ホラント州ワセナールHuize De Paauwで生まれた。

マリーは聴覚障害者であり、また姉のルイーゼとは違い美貌の持ち主というわけでもなかった。両親はウェールズ公アルバート・エドワード(後のイギリス王エドワード7世)との縁談を進めたが、これに最初乗り気だったイギリス女王ヴィクトリアも彼女の顔を見て破談にするほどだった。

結局マリーは1871年7月18日――このときすでに彼女は30歳になっていた――に、ワセナールでヴィートヴィルヘルムと結婚した。その後マリーは夫の旧領であるノイヴィート(現ラインラント=プファルツ州ノイヴィート郡)で暮らした。また、ワセナールのHuize De Paauwを父の死去により相続している。

1910年6月22日、マリーはノイヴィートで死去した。

子女[編集]

夫のヴィルヘルムとの間には、以下の4男2女をもうけた。