マリー・ビゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・ビゴー
Marie Bigot
作者不詳
作者不詳
基本情報
出生 1786年3月3日
フランスの旗 フランス コルマール
死没 1820年9月16日(満34歳没)
フランスの旗 フランス パリ
ジャンル クラシック
職業 ピアノ教師、作曲家ピアニスト

マリー・ビゴーMarie Bigot 1786年3月3日 - 1820年9月16日)は、フランスピアノ教師。

生涯[編集]

ビゴーはフルネームをマリー・キエーネ・ビゴー・ド・モローグMarie Kiéné Bigot de Morogues)といい、アルザス地方コルマールに生まれた[1]。M.ビゴーとの結婚後の1804年、ウィーンに移り住んで5年をその地で過ごす。彼女は鍵盤楽器演奏に長けており、ハイドンの前で演奏し、彼をしてこう言わしめた。「おお、我がいとしき子、これは私が作曲した曲ではない。作曲したのは君だ!」そして彼女が演奏した楽譜にこう書き記した。「1805年2月20日、ヨーゼフ・ハイドンは幸福であった。」また、彼女はサリエリとも親交を結んでいる。

ビゴーの夫はアンドレイ・ラズモフスキー英語版伯爵の司書を務めており、その縁により彼女はベートーヴェンと親しくなる。ベートーヴェンは彼女の演奏を評価しており、2人の関係はビゴーが作曲されたばかりの「熱情ソナタ」の原稿を見ながら、それを初見で演奏してみせた逸話で知られる[2]。これにいたく感激したベートーヴェンは彼女にこう言った。「私がこの曲で表現したかったことはそうではないのですが、続けてください。完全に私の思ったとおりでない方が、より良くなりそうですから[3]。」彼は熱情ソナタの草稿を彼女に捧げた[4]1808年、ベートーヴェンがマリーと3歳になる彼女の娘のカロリーヌ(Calorine)を誘って行こうとしたのを誤解し、彼女がこれを拒絶したことに対し、この著名な作曲家は彼女と彼女の夫に謝罪の手紙をしたためている。「他の男性のご夫人との間に、友人として以上の関係を決して持たないということは、私の最も重要な原則の一つです。私はいつの日か自分と運命をともにしてくれる人びとへの不信で心を満たしたくありませんし、それによって私自身にとって最も愛すべき、そして清らかな人生を壊してしまうわけにはいきません[5]。」ビゴー一家は1809年パリへと戻った。マリーは作曲、レッスンを行う傍ら、ベートーヴェンの楽曲をパリの聴衆に紹介することに尽力した[6]

ビゴーは1816年には、パリでファニーフェリックス・メンデルスゾーンの姉弟にも教えている。彼女はパリで34年の生涯を閉じた[7]

作曲家としてはソナタ練習曲が知られている[8]

脚注[編集]

出典

  1. ^ http://etienne.biellmann.free.fr/colmar/en/bigota.htm
  2. ^ Mitchell, Mark Lindsey, Virtuosi: a defense and a (sometimes erotic) celebration of great pianists, Indiana University Press, 2001, p. 159.
  3. ^ Forbes, Elliot, Thayer's Life of Beethoven, Part 1, Princeton University Press, 1992, p. 412-413.
  4. ^ Geiringer, Karl, Haydn: a creative life in music, University of California Press, 1983, ISBN 978-0-520-04317-6, p. 184.
  5. ^ Kalischer, Alfred Christlieb, Beethoven's Letters V1: A Critical Edition, with Explanatory Notes, Kessinger Publishing, LLC (2008)p. 137.
  6. ^ Elson, Arthu, Woman's Work in Music, BiblioBazaar, 2007, ISBN 1-4346-7444-4, ISBN 978-1-4346-7444-9, p. 118.
  7. ^ Grove's Dictionary of Music and Musicians, 5th ed., 1954, Vol. 1, p. 705
  8. ^ Vivace Press