マリー・カロリーヌ・ド・ブルボン=シシレ (1822-1869)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オマール公爵夫人マリー・カロリーヌ

マリー・カロリーヌ・オギュスト・ド・ブルボン=シシルフランス語:Marie-Caroline Auguste de Bourbon-Siciles1822年4月26日 - 1869年12月6日)は、フランス王子・オマール公アンリの妻。両シチリア王女(Principessa delle Due Sicilie)。イタリア語名マリーア・カロリーナ(Maria Carolina di Borbone-Due Sicilie)。

両シチリア王子・サレルノレオポルドと、妃マリーア・クレメンティーナの娘として、ウィーンで生まれた。

1844年11月、アンリ王子とナポリで結婚した。4子をもうけたが、いずれも夭折または独身のまま若くして死んだ。1869年、亡命先のイギリス、トゥウィッケナムで肺結核のため死去した。夫婦仲が良かったとされ、アンリはその後再婚せず、独身を通した。