マリー・アルフレッド・コルニュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリー・アルフレッド・コルニュ
マリー・アルフレッド・コルニュ
人物情報
生誕 1841年3月6日
フランスの旗 フランスオルレアン
死没 1902年4月12日(61歳)
フランスの旗 フランスロモランタン=ラントネー
居住 フランスの旗 フランス
市民権 フランスの旗 フランス
国籍 フランスの旗 フランス
出身校 エコール・ポリテクニーク・国立鉱山学校
学問
研究分野 実験物理学
研究機関 エコール・ポリテクニーク
主な業績 クロソイド曲線
キャヴェンディッシュの実験の追実験
主な受賞歴 Lacaze賞ランフォード・メダル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

マリー・アルフレッド・コルニュMarie Alfred Cornu1841年3月6日 - 1902年4月12日)はフランス物理学者である。クロソイド曲線の別名であるコルニュ・スパイラルはコルニュの名に因んでいる。

オルレアンに生まれた。エコール・ポリテクニーク、国立鉱山学校で学んだ後、1867年からエコール・ポリテクニークの実験物理学の教授になった。キャヴェンディッシュ万有引力定数を求める実験 (いわゆるキャヴェンディッシュの実験) や光速を求めるフィゾーの測定方法を改良し、その測定精度を高めた。

1878年に Lacaze賞、1899年にランフォード・メダルを受賞した。