マリー・アマーリエ・フォン・バーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハミルトン公爵夫人マリー・アマーリエ、1840年頃

マリー・アマーリエ・エリーザベト・カロリーネ・フォン・バーデンMarie Amalie Elisabeth Karoline von Baden, 1817年10月17日 カールスルーエ - 1888年10月17日 バーデン=バーデン)は、ドイツバーデン大公家の大公女で、スコットランド貴族の第11代ハミルトン公爵ウィリアム・ダグラス=ハミルトンの妻。

バーデン大公カールと、その妻でフランス皇帝ナポレオン1世の養女であるステファニー・ド・ボアルネの間の第5子、三女として生まれた。1843年2月23日にマンハイムにおいて、ハミルトン公爵家の嗣子で小説家ウィリアム・ベックフォードの外孫にあたるダグラス侯爵と結婚した。夫は1852年にハミルトン公爵を襲爵した。

公爵夫妻は当初、アラン島ブロディック城で、その後はサウス・ラナークシャイアハミルトン宮殿で暮らした。マリー・アマーリエは1855年にカトリックに改宗している。1863年に夫と死別すると故郷に戻り、1888年に保養地のバーデン=バーデンで死去した。

子女[編集]

外部リンク[編集]