マリーナ・フォン・ノイマン・ホイットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリーナ・フォン・ノイマン・ホイットマンMarina von Neumann Whitman, 1935年3月6日 - )はアメリカ合衆国経済学者実業家。ミシガン大学ビジネス・スクール教授。

数学者ジョン・フォン・ノイマンの娘としてニューヨークに生まれる。1956年ラドクリフ・カレッジを卒業し、コロンビア大学1959年に修士号を、1962年に博士号を取得。ゼネラルモーターズの主席エコノミストを経て、1970年から1973年までニクソン政権で経済諮問委員会委員を務めた。1973年からピッツバーグ大学経済学部教授だったが、1979年、大学を辞してゼネラルモーターズに戻り、1985年から1992年まで副社長を務めていた。二児の母であり、ミシガン州アナーバーに居住している。