マリーア・ピア・ディ・サヴォイア (1934-)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリーア・ピア・ディ・サヴォイアMaria Pia di Savoia, 1934年9月24日 ナポリ - )は、イタリアの旧王族。最後のイタリア王ウンベルト2世の長女。

ウンベルト2世とその妻マリーア・ジョゼ王妃の間の第1子、長女として生まれた。全名はマリーア・ピア・エレナ・エリザベッタ・マルゲリータ・ミレナ・マファルダ・ルドヴィーカ・テクラ・ジェンナーラMaria Pia Elena Elisabetta Margherita Milena Mafalda Ludovica Tecla Gennara di Savoia)である。1946年の王制廃止後は、母や弟妹と一緒にスイスに亡命した。1955年2月12日に父王の隠遁所のあるカスカイスにおいて、ユーゴスラビア王子アレクサンダル・パヴロヴと結婚し、間に2組の双子をもうけた。2人は1967年に離婚した。2003年5月16日にマナラパン英語版において、ブルボン=パルマ公子ミシェルと再婚した。

子女[編集]

最初の夫との間に4人の子女をもうけた。

  • ディミトリ・ウンベルト・アントン・ペータル・マリア(1958年 - )
  • ミハイロ・ニコラ・パヴレ・ジョルジェ・マリア(1958年 - )
  • セルゲイ・ウラディミル・エマヌイル・マリア(1963年 - )
  • イェレナ・オルガ・リディア・タマラ・マリア(1963年 - )

外部リンク[編集]