マリリンとアインシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

「マリリンとアインシュタイン」(Insignificance)は、1985年のイギリス映画。原作はテリー・ジョンソンの舞台劇。

概要[編集]

アインシュタインマリリン・モンロージョー・ディマジオ赤狩りマッカーシー等とおぼしき人物たちがホテルの一室に集って繰り広げるドラマ。『カッコーの巣の上で』で強い印象を残したネイティブ・アメリカン俳優のウィル・サンプソンがエレベーター・ボーイ役で登場。 第38回カンヌ国際映画祭コンペティション部門にて上映され、Technical Grand Prizeを受賞[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

あらすじ[編集]

1954年のある日、物理学者が住むホテルの一室に女優が尋ねてくる。彼女にとって彼は「抱かれたい男ナンバーワン」なのだそうだ。彼女は、独学した彼の理論を彼の前で分かりやすく実演してみせる。そんなところに、彼女の夫である野球選手や赤狩り議員も尋ねてきて……。

脚注[編集]

  1. ^ Festival de Cannes: Insignificance”. festival-cannes.com. 2009年6月28日閲覧。

外部リンク[編集]