マリゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリゴ
Marigot
フォート・サン・ルイから見た港と町
セント・マーチン島/シント・マールテン島の地図
座標: 北緯18度04分23秒 西経63度05分04秒 / 北緯18.07306度 西経63.08444度 / 18.07306; -63.08444
フランスの旗 フランス
海外準県 サン・マルタン
人口 (2006年)
 - 計 5,700人

マリゴMarigot)は、カリブ海リーワード諸島にあるセント・マーチン島(サン・マルタン島)にある町で、島の北半部を占めるフランス海外準県サン・マルタンの中心地である。

地理[編集]

セント・マーチン島西部、マリゴ湾(baie de Marigot)に面した港町である。外海と潟湖シンプソン・ベイ・ラグーン (Simpson Bay Lagoonを分かつ砂州サンディ・グラウンドの付け根に町が広がっている。セント・マーチン島のフランス領側(フレンチ・サイド)の中心で、町には準県政庁(Hôtel de la collectivité)のほか、警察署・図書館・郵便局・病院などがある。免税店などの店が立ち並び、観光客で賑わう。

町の北部、海沿いの高台にある要塞フォート・サン・ルイ(Fort St. Louis (fr:Fort Louis (Marigot)は、重要な観光地である。天然の良港でもあり、クルーズ船ヨットなどもよく立ち寄る。

歴史[編集]

「マリゴ」Marigot は、フランス語で「低湿地」「沼地」を意味している。その名の通り、この町はもともと潟湖のほとりに生まれた漁村であった。ルイ16世治世の1786年、当時の村の北はずれの高台にフォート・サン・ルイが築かれた。

マリゴの内陸部 
フォート・サン・ルイから見た町 
マリゴの夜景 

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯18度04分23秒 西経63度04分56秒 / 北緯18.0731度 西経63.0822度 / 18.0731; -63.0822