マリキナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリキナは、フィリピンマニラ首都圏東部に位置する市。2002年の統計では人口は約39万人。

1987年に市に昇格。マニラ首都圏に位置するため、多の都市同様に地方からの流入者も多い。市内を流れるマリキナ川沿いには低湿地となっており、台風襲来時にはしばしば氾濫して被害が発生する[1]。古くからフィリピンの産業を支え栄えてきた土地柄であり、革靴メーカーや職人などの形で市民の半数近くが何らかの形で靴産業に従事する[2]。市内に存在するマリキナ靴博物館には、世界最大の革靴やイメルダ・マルコスが収集してきた靴の一部が展示されている[3]

出典[編集]

座標: 北緯14度38分24秒 東経121度5分50秒 / 北緯14.64000度 東経121.09722度 / 14.64000; 121.09722