マリオ・ベネデッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・ベネデッティ

マリオ・ベネデッティ(Mario Orlando Hamlet Hardy Brenno Benedetti Farrugia[1]1920年9月14日-2009年5月17日[2])は、ウルグアイのジャーナリスト、小説家、詩人である。英語圏ではあまり知られていないが[3]、スペイン語圏では20世紀のラテンアメリカで最も重要な作家の1人と考えられている。

経歴[編集]

タクアレンボ県のパソ・デ・ロス・トロスで生まれた。1946年にルス・ロペス・アレグレと結婚。軍事独裁政権下にあった1973年から1985年まで、ブエノスアイレスリマハバナスペインに亡命した。民主制が復活すると、モンテビデオマドリードでの生活を始めた。ウルグアイのリパブリック大学とスペインのアリカンテ大学バリャドリッド大学から名誉博士号を取得。1986年にはLaureate Of The International Botev Prizeを受賞した。2005年6月7日にはPremio Menendez y Pelayoの受賞者に選ばれた。彼は1992年のアルゼンチン映画The Dark Side of the Heart (El lado oscuro del corazon)の中で、自身の詩のいくつかをドイツ語で朗読している[4]

2006年1月26日、ベネデッティはガブリエル・ガルシア=マルケスエルネスト・サバトエドゥアルド・ガレアーノカルロス・モンシバイスパブロ・アルマンド・フェルナンデスホルヘ・エンリケ・アドウムらとともに、プエルトリコの独立を求める運動に名を連ねた。プエルトリコの独立の活動はプエルトリコ独立党に引き継がれた。

彼は2009年5月17日にモンテビデオで死去した。彼は1年以上、呼吸器疾患と腸の疾患に苦しんでいた[2]

詩の直前、彼は秘書のアリエル・シルヴァに対する口述で、次のような最後の詩を残した[5]

Mi vida ha sido como una farsa
Mi arte ha consistido
En que esta no se notara demasiado
He sido como un levitador en la vejez
El brillo marron de los azulejos
Jamas se separo de mi piel
(Fragment)

作品[編集]

ベネデッティの詩や小説に対して、多くの国際的な賞が贈られた。1960年に最初に出版されたThe Truceは、19ヶ国語に訳され、2つの映画の原作となった[6]

[編集]

  • 1945:La vispera indeleble ("Indelible Eve"), his first published book[7]
  • 1956: Poemas de oficina ("Office Poems")[7]
  • 1963:
    • Inventario, Poesia 1950–1958 ("Inventory, Poems 1950–1958")[7]
    • Poemas del hoyporhoy ("Poems of Today")[7]
  • 1977: La casa y el ladrillo ("The House and the Brick")[7]
  • 1981: Viento del exilio ("Air From Exile")[7]
  • 1986: Preguntas al azar ("Random Questions")[7]
  • 1988: Yesterday y manana ("Yesterday and Tomorrow")[7]
  • 1991: Las soledades de Babel ("The Loneliness of Babel")[7]
  • 1994: Inventario dos (1985-1994) ("Inventory Two (1985-1994)"), published in Madrid[7]
  • 1995: ("The Exercise of Discretion: Oblivion Is Full of Memory"), published in Spain[7]
  • 1996: El amor, las mujeres y la vida. Poemas de amor.
  • 1997: La vida ese parentesis[7]
  • 2002: Insomnios y Duermevelas, ISBN 84-7522-959-X
  • 2004: Defensa propia, ISBN 950-731-438-5
  • Little Stones At My Window (Bilingual edition; translation and introduction by Charles Hatfield) ISBN 1-880684-90-X
  • Poemas de otros
  • Nocion de Patria
  • Solo mientras tanto
  • Quemar las naves
  • A ras de sueno
  • Letras de emergencia

短編[編集]

  • 1960: Montevideanos
  • Aqui se respira bien
  • Los pocillos
  • Acaso irreparable
  • Escrito en Uberlingen
  • El reino de los cielos
  • Miss Amnesia
  • "Una carta de amor"
  • La noche de los feos
  • "La sirena viuda"
  • "El buzon del tiempo"

エッセイ[編集]

  • 1960: El pais de la cola de paja
  • "La Coleccion"

小説[編集]

  • 1953: Quien de nosotros
  • 1960: La tregua(1974年に同タイトルで映画化)
  • 1965: Gracias por el fuego(1984年に同タイトルで映画化)
  • 1971: El cumpleanos de Juan Angel
  • 1982: Primavera con una esquina rota
  • 1982: Vientos del exilio
  • 1984: Geografias
  • 1991: Las soledades de Babel
  • 1993: La borra del cafe
  • 1996: Andamios
  • 2003: El porvenir de mi pasado

戯曲[編集]

  • 1958: Ida y Vuelta
  • 1979: Pedro y el capitan

その他[編集]

  • 1969: Book Cubano, including poems, articles and interviews about Cuba and his experiences there [7]
  • 1996: Obras completas ("Complete Works"), in 28 volumes, published in Argentina[7]

出典[編集]

  1. ^ Martinez, Ezequiel (2000年). “Los 80 anos de Mario Benedetti”. 2006年10月14日閲覧。
  2. ^ a b The Associated Press: Famed Uruguayan writer Benedetti dies at 88”. www.google.com. 2009年5月17日閲覧。
  3. ^ Gregory, Stephen William George (1999) The collapse of dialogue: Intellectuals and politics in the Uruguayan crisis, 1960-1973 Thesis, Modern Language Studies, University of New South Wales. OCLC 44284108, abstract
  4. ^ El lado oscuro del corazon - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  5. ^ El Diario de Ecuador: Mario Benedetti dictates his las poem (in Spanish)
  6. ^ Famed Uruguayan writer Benedetti
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n Web page titled "Biblioteca de autores contemporaneos / Mario Benedetti - El autor" (in Spanish), retrieved May 27, 2009

外部リンク[編集]