マリオ・ピント・デ・アンドラーデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マリオ・コエーリョ・ピント・デ・アンドラーデ(Mário Pinto de Andrade、1928年8月21日 - 1990年8月26日)はアンゴラの詩人、政治家である。

彼はポルトガル領アンゴラゴルンゴ=アルトで生まれ、リスボン大学文献学を、パリソルボンヌ大学社会学を学んだ。その間、彼はアンゴラにおけるポルトガル植民地支配に対する反抗活動を始め、反植民地詩を書いた。

1955年に彼はアンゴラ共産党の設立に参加した。1956年に彼はアンゴラ解放人民運動(MPLA)の創設者となり、1960年から1962年まで議長を務めた。彼は後継者のアゴスティーニョ・ネトと衝突し、1974年にMPLAから分離した。アンゴラは1975年11月11日に独立したが、アンドラーデはギニアビサウカーボベルデモザンビークと放浪生活を続けた。彼はロンドンで死去した。