マリオ・サンティアゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・サンティアゴ
Mario Santiago
フリーエージェント(FA)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ自治連邦区
生年月日 1984年12月16日(30歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム Flag of Puerto Rico.svg プエルトリコ
WBC 2013年

マリオ・サンティアゴ(Mario Santiago、1984年12月16日 - )はプエルトリコ出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。現在は、フリーエージャント

経歴[編集]

2005年のMLBドラフトでカンザスシティ・ロイヤルズに指名されプロ入り。

2011年12月に、SKワイバーンズに入団した。2012年はSKで6勝をあげるもオフに退団した。

2013年1月に、ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結んだ。3月には第3回WBCプエルトリコ代表に選ばれる[1]。先発した準決勝の日本戦では7回を3安打無失点と好投し日本の3連覇を阻んだ。好投の要因には捕手のヤディアー・モリーナの配球を挙げ[2]、サンティアゴがSK時代のキャンプで北海道日本ハムファイターズと対戦した経験やスコアラーの情報を元に、配球や投球テンポを工夫したという[3][4]。レギュラーシーズンでは故障でマイナーリーグでも1試合も登板しなかった。

2015年にはプエルトリコのウィンターリーグに参加し、カリビアンシリーズにも出場。

脚注[編集]