マリオン・マレシャル=ルペン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランスの旗 フランスの政治家
マリオン・マレシャル=ルペン
Marion Maréchal-Le Pen
MMLePen-010912.JPG
マリオン・マレシャル=ルペン(2012年9月1日撮影)
生年月日 1989年12月10日(24歳)
出生地 サン=ジェルマン=アン=レー (78)
出身校 パリ大学 (パンテオン・アサス – パリ第2大学)
所属政党 国民戦線
無所属
親族 ジャン=マリー・ル・ペン, マリーヌ・ル・ペン
公式サイト マリオン・マレシャル=ルペン

選挙区 ヴォクリューズ 3区
当選回数 1回 (42.09%)
任期 2012年6月20日 - 今
所属委員会 文化教育委員会
議員会館 ブルボン宮殿
テンプレートを表示

マリオン・マレシャル=ルペン(Marion Maréchal-Le Pen、1989年12月10日 - )は、フランス政治家国民戦線所属[1]2012年フランス議会総選挙においてヴォクリューズ県第3選挙区から当選した。[2] フランス共和制の歴史の一番若い国民議会議員である。[2]

略歴[編集]

教育と家族[編集]

1989年12月10日、イヴリーヌ県サン=ジェルマン=アン=レーに誕生した[3]ジャン=マリー・ル・ペンの孫で、または国民戦線の党首であるマリーヌ・ル・ペンの姪である。

2012年9月、パリ第2大学(パンテオン・アサス)公法修士の学位を取得。

経歴[編集]

初当選[編集]

2012年フランス議会総選挙においてヴォクリューズ県第3選挙区に国民戦線の候補者です。[1] 6月10日、第1回投票において得票の34.65%を獲得し[4]。 6月17日、第2回投票において得票の42.09%を獲得し[4]。22歳の大学生、フランス共和制の歴史の一番若い国民議会議員となった。[5]

国民戦線が1998年以来14年ぶりに下院議席を確保した[6]決選投票において国民戦線は2人が当選[6]弁護士ジルベール・コラールは第2勝者(ガール県第2選挙区から当選)[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]