マリウス・プッツナウスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリウス・プッツナウスキー
Mariusz Pudzianowski-mv4-2006.jpg
基本情報
本名 マリウシュ・ズビグニエフ・プジアノフスキ
(Mariusz Zbigniew Pudzianowski)
通称 プジアン (Pudzian)
ドミネーター (Dominator)
スーパーマリウス (Super Mariusz)
パイソン (Pyton)
プジラ (Pudzilla)
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1977年2月7日(37歳)
出身地 ビャワ・ラフスカ
所属 プジアン・チーム
身長 186cm[1]
体重 130kg[1]
階級 スーパーヘビー級
スタイル 極真空手ボクシング
テンプレートを表示
世界最強の男』でのプッツナウスキー

マリウス・プッツナウスキーMariusz Pudzianowski、男性、1977年2月7日 - )は、ポーランド総合格闘家。ビャワ・ラフスカ出身。プジアン・チーム所属。ワールド・ストロンゲストマン・コンテストにて3連覇を含む5回優勝[2]

来歴[編集]

ビャワ・ラフスカ生まれ。父は重量挙げの選手だった[3]

幼いころからスポーツに興味を持ち、11歳のころに極真空手を学びだし[4]、現在極真空手四段である[4]

13歳の時から筋力トレーニングをしている[4]。15歳の時、ボクシングも始めたが7年で辞めた[4][3]

16歳のとき、ポーランド重量挙げ選手権に出場し、プロスポーツ界にデビューした[4]

その後、欧米で人気の力自慢イベント『世界最強の男』で5回優勝(史上最高記録)。

2009年12月11日、地元ポーランドのイベントであるKSW 12のメインイベントでプロ総合格闘技デビュー。マルチン・ナイマンと対戦し、試合開始43秒で勝利を収めた。

2010年5月7日、KSW 13で川口雄介と対戦し、3-0の判定勝ち。

2010年5月21日、アメリカの総合格闘技イベント「Moosin(武神)」のメインイベントで元UFC世界ヘビー級王者のティム・シルビアとスーパーヘビー級契約で対戦。2Rにサイドポジションからのパウンドによるタップアウト負けを喫した。

2010年9月18日、KSW 14のメインイベントでバタービーンと対戦し、パウンドによるタップアウト勝ちを収めた。

2011年5月21日、KSW 16でジェームス・トンプソンと対戦し、肩固めで一本負けを喫した。

2011年11月26日、KSW 17でジェームス・トンプソンと再戦。試合後には2-0の判定勝ちと発表されたが、採点ミスがあり実際は1-1の判定ドローだったため、2日後にノーコンテストに変更となった[5]

服役[編集]

2000年から2001年までの19か月間、プッツナウスキーは暴行の罪でウォヴィチ[4][3]の刑務所に服役していた[4][3][6]

インタビューにて、彼は、18歳の少年を虐待している地元のマフィアのボスを止めたかったと話していた[3][6]

男性はのちにプッツナウスキーを、傷害と金の鎖を盗んだかどで訴訟を起こした[6]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 2 2 3 0 0 1
3 0 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
オリ・トンプソン 5分2R終了 判定3-0 KSW 27: Cage Time 2014年5月17日
ショーン・マッコークル 5分2R終了 判定3-0 KSW 24: Clash of the Giants 2013年9月28日
× ショーン・マッコークル 1R 1:57 キムラロック KSW 23: Khalidov vs. Manhoef 2013年6月8日
クリストス・ピリアファス 1R 3:48 TKO(パウンド) KSW 20: Fighting Symphony 2012年9月15日
ボブ・サップ 1R 0:39 TKO(パウンド) KSW 19: Pudzianowski vs. Sapp 2012年5月12日
- ジェームス・トンプソン ノーコンテスト(採点ミス) KSW 17: Revenge 2011年11月26日
× ジェームス・トンプソン 2R 1:06 肩固め KSW 16: Konfrontacja 2011年5月21日
バタービーン 1R 1:16 ギブアップ(パウンド) KSW 14: Judgment Day 2010年9月18日
× ティム・シルビア 2R 1:43 ギブアップ(パウンド) Moosin: God of Martial Arts 2010年5月21日
川口雄介 5分2R終了 判定3-0 KSW 13: Kumite 2010年5月7日
マルチン・ナイマン 1R 0:43 ギブアップ(パウンド) KSW 12: Najman vs. Pudzianowski 2009年12月11日

脚注[編集]

  1. ^ a b Official website stats, in Polish, accessed 9 October 2009.
  2. ^ [1]
  3. ^ a b c d e Pudzian. Historia prawdziwa”. Wirtualna Polska. 2010年5月10日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Mariusz Pudzianowski biography”. Pudzianowski official website. 2010年5月10日閲覧。
  5. ^ Mariusz Pudzianowski vs. James Thompson II Result Changed to No Contest MMA Fighting 2011年11月28日
  6. ^ a b c Pudzianowski siedział w więzieniu!”. Nocoty.pl. 2010年5月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]