マリインスキー宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリインスキー宮殿ファザード

マリインスキー宮殿ロシア語:Мариинcкий дворецマリイーンスキイ・ドヴァリェーツ;ラテン文字転写の例:Mariinskii dvorets;英語:Mariinsky Palace)は、ロシア宮殿。「マリア(ロシア語ではマリーヤ)の宮殿」という意味で、マリア宮殿(Marie Palace)とも訳される。1839年から1844年にかけてサンクトペテルブルクに造営された。設計者は宮廷建築家のアンドレイ・シタケンシネイデル(シュタッケンシュナイダー) w:Andrei Stackensneiderで、ロシアにおける新古典主義様式で造営された最後の宮殿とされる。

概要[編集]

マリインスキー宮殿はイサーク広場を挟んで、聖イサアク大聖堂の南にモイカ川の対岸にある。18世紀ザハール・チェルヌイショフw:Zakhar Tchernyshovによる設計では、大邸宅を含む計画で外国要人の宿泊する迎賓館として使用された。実際に宿泊した要人としては、フランスの王族コンデ親王がいる。1825年から1839年には陸軍士官学校がおかれ、学生の中にはミハイル・レールモントフがいる。レールモントフは士官学校で2年間勉学に励んでいる。

シタケンシネイデル(シュタッケンシュナイダー)による宮殿は、皇帝ニコライ1世が第一皇女マリア・ニコラエヴナ大公女の結婚(婿は、ウジェーヌ・ド・ボアルネの末子、ロイヒテンベルク公マクシミリアン・ヨーゼフ・ウジェーヌ・アウグスト・ナポレオン・ド・ボアルネ)に際し、贈り物として建造された。ファザードは赤褐色のコリント式オーダーを基調としながらも17世紀のフランス・バロックの影響、すなわち各室の設計は異なる歴史主義に基づき、外観にはルネサンス様式の影響が強い。

1884年ロシア帝国政府により管理される国家資産となり、国家評議会の議事堂や大臣会議が置かれた。大ホールは、1906年レオン・ベノアによって設計された。1902年4月2日には、内務大臣ドミトリー・シピャーギン暗殺の舞台となった。

1917年ロシア革命二月革命)が勃発し、臨時政府はマリインスキー宮殿を国会議事堂とした。十月革命によってボリシェヴィキが政権を掌握した後は、ソビエト政権の行政機関や科学アカデミーの研究機関などが置かれた。マリインスキー宮殿が最も大きな被害を受けたのが第二次世界大戦である。独ソ戦が開始され、レニングラードドイツ軍に包囲される(レニングラード包囲戦)。包囲戦の最中、宮殿は病院となり、ドイツ軍の集中砲火を浴びた。戦後、復旧され宮殿には、レニングラード州ソビエトが置かれた。

1991年からサンクトペテルブルク市議会が置かれている。

なお、旧ロシア帝国領内には同名の宮殿がいくつか存在している。

参考[編集]

  • Belyakova Z.I. Mariinsky dvorets. SPb, 1996.
  • Petrov G.F. Dvorets u Sinego mosta: Mariinsky dvorets v Sankt-Petersburge. SPb, 2001.

外部リンク[編集]

座標: 北緯59度55分51秒 東経30度18分34秒 / 北緯59.93083度 東経30.30944度 / 59.93083; 30.30944