マリア・レオポルディーネ・フォン・ティロル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・レオポルディーネ

マリア・レオポルディーネ・フォン・エスターライヒ=ティロル(Maria Leopoldine von Österreich-Tirol, 1632年4月6日 - 1649年8月7日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の2度目の皇后。

オーストリア大公レオポルト5世(皇帝フェルディナント2世の弟)と、妃クラウディア・デ・メディチとの間に三女(第5子)としてインスブルックで生まれた。

1648年7月、従兄にあたるフェルディナントとリンツで結婚した。翌1649年8月7日に長男カール・ヨーゼフ(1649年 - 1664年)を出産後、死去した。遺体はウィーンカプツィーナー納骨堂に葬られた。