マリア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=パルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブルガリア公妃マリア・ルイーザ

マリア・ルイーザ・ディ・ボルボーネ=パルマイタリア語表記:Maria Luisa Pia Teresa Anna Ferdinanda Francesuca Antonietta Margherita Giuseppina Carolina Bianca Lucia Appollonia di Borbone-Parma, 1870年1月17日 - 1899年1月31日)は、ブルガリアフェルディナント1世の最初の妃。彼女は夫が王位に就く前に没したため、ブルガリア公妃にはなったが、王妃ではない。ドイツ語名マリー・ルイーゼ・フォン・ブルボン=パルマ(Marie Louise von Bourbon-Parma)、ブルガリア語マリヤ・ルイザ・ブルボン=パルムスカМария-Луиза Бурбон-Пармска)。

パルマ公ロベルト1世と、最初の妃マリーア・ピア両シチリア国王フェルディナント2世の娘)の長女として、ローマで生まれた。彼女の両親は、マリア・ピアが1882年に出産時に死亡するまで11人の子供の親となった。その後ロベルトは再婚し、さらに12人の子供をもうけた。最初の11人の兄弟姉妹の中には、両親の近親婚のせいで、精神障害をもつ者も多かった。

婚約が整ってからマリア・ルイーザは初めてザクセン=コーブルク=ゴータ公子フェルディナントと会い、1893年4月20日にルッカで結婚した。2人には4子が生まれた。マリア・ルイーザはソフィアで亡くなり、カトリックとしてプロヴディフの聖ルイ王大聖堂に葬られた。

子女[編集]