マリア・マグダレーナ・フォン・エスターライヒ (1689-1743)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリア大公女マリア・マグダレーナ

マリア・マグダレーナ・ヨーゼファ・フォン・エスターライヒMaria Magdalena Josefa von Österreich, 1689年3月26日 ウィーン - 1743年5月1日 ウィーン)は、オーストリア大公家大公女(Erzherzogin)神聖ローマ皇帝レオポルト1世とその3番目の妻でプファルツ選帝侯フィリップ・ヴィルヘルムの娘であるエレオノーレ・マグダレーネの間の第9子、六女。

終生独身を通し、その生涯に関することで伝わっていることはほとんど無い。姉のポルトガル王妃マリア・アンナは妹を夫ジョアン5世の弟であるべージャ公フランシスコと結婚させようとしたが、この縁談は早い段階で立ち消えとなった。姪の皇后マリア・テレジアとは仲が良かったという。1743年に肺炎のため59歳で亡くなり、遺骸はカプツィーナー納骨堂に埋葬された。

参考文献[編集]

  • Constantin von Wurzbach: Habsburg, Maria Magdalena. In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 7. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1861, S. 58.