マリア・フェルディナンダ・ディ・サッソニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トスカーナ大公妃マリア・フェルディナンダ

マリア・フェルディナンダ・ディ・サッソニアイタリア語:Maria Ferdinanda di Sassonia1796年4月27日 - 1865年1月3日)は、トスカーナ大公フェルディナンド3世の2度目の妃。

ザクセン王太子マクシミリアンパルマ公女カロリーナの次女として、ドレスデンで生まれた。

1821年3月、27歳年上のフェルディナンド3世と結婚した。なお、4年前の1817年にフェルディナンド3世の息子レオポルド2世とマリア・フェルディナンダの妹マリア・アンナ・カロリーナが結婚している。

夫との間に子供はなかった。トスカーナ大公国がイタリア王国に併合された後、オーストリアへ亡命。1865年、ボヘミアの居城で死去し、ウィーン帝室納骨堂に埋葬された。