マリア・テレジア・フォン・エスターライヒ (1845-1927)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴュルテンベルク公爵夫人マリー・テレーゼ

マリア・テレジア・アンナ・フォン・エスターライヒMaria Theresia Anna von Österreich, 1845年7月15日 ウィーン - 1927年10月8日 テュービンゲン)は、ハプスブルク=ロートリンゲン家の分枝であるテシェン公爵家の公女。マリー・テレーゼMarie Therese von Österreich)とも呼ばれる。

テシェン公爵家の当主アルブレヒト大公と、その妻でバイエルン王ルートヴィヒ1世の娘であるヒルデガルトの間の長女として生まれた。1865年1月18日にウィーンにおいて、ヴュルテンベルク公フィリップと結婚した。1927年にテュービンゲンで亡くなった。

夫フィリップとの間に5人の子女をもうけた。長男と長女(肺結核で夭折)は双子である。