マリア・エレナ・ワルシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・エレナ・ワルシュ

マリア・エレナ・ワルシュ(María Elena Walsh、1930年2月1日 - 2011年1月10日)は、アルゼンチン歌手詩人童謡童話作家。ブエノスアイレス州ラモス・メヒア出身。

父親はアイルランドからの移民。17歳から活動を始め40冊以上の児童書や20枚以上のCDをリリースしている[1]。彼女の作った童謡で有名なものに『カメのマヌエリータ』(Manuelita la tortuga)があり、アニメ映画化もされている。

2011年1月10日、ブエノスアイレスの病院で80歳で亡くなっている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 世紀の芸術家「マリア・エレナ・ワルシュ」逝去”. ラティーナ (2011年1月11日). 2011年1月12日閲覧。