マリア・エリーザベト・フォン・エスターライヒ (1737-1740)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・エリーザベト大公女

マリア・エリーザベト・フォン・エスターライヒMaria Elisabeth von Österreich, 1737年2月5日 ウィーン[1]; - 1740年6月7日 ラクセンブルク城ドイツ語版)は、神聖ローマ皇帝フランツ1世と皇后マリア・テレジアの間の第1子、長女。両親が帝位、王位に就く以前に夭折した。全名はマリア・エリーザベト・アマーリア・アントニア・ヨーゼファ・ガブリエーラ・ヨハンナ・アガータMaria Elisabeth Amalia Antonia Josepha Gabriela Johanna Agatha)。

神聖ローマ皇帝カール6世の初孫として生まれ、誕生に際しては多くの人々の歓呼を受けたものの、両親は男児を望んでいたため落胆した。祖父カール6世は活発な性格のエリーザベトを大変可愛がり、祖母のエリーザベト皇后と同じ「リースル(Liesl)」の愛称で呼び、非常なはしゃぎようで初孫と一緒に遊んだ。

ラクセンブルク城に家族と一緒に滞在中だった1740年6月7日、にわかに発病して激しい嘔吐を繰り返した。胃痙攣と嘔吐を繰り返しながら、同日中にわずか3歳で死去した[2]。遺骸はカプツィーナー納骨堂内のいわゆる「マリア・テレジア納骨堂(Maria-Theresien-Gruft)」に埋葬された。両親は1743年に生まれた娘にもマリア・エリーザベトと名付けている。

参考文献[編集]

  • Hanne Egghardt: Maria Theresias Kinder. 16 Schicksale zwischen Glanz und Elend. Kremayr & Scheriau, Wien 2010, ISBN 978-3-218-00813-6.

引用[編集]

  1. ^ Edwin Dillmann: Maria Theresia. dtv, München 2000, ISBN 3-423-31028-6, S. 26.
  2. ^ Sabine Weiss: Zur Herrschaft geboren. Kindheit und Jugend im Hause Habsburg von Kaiser Maximilian bis Kronprinz Rudolf. Tyrolia, Innsbruck 2008, ISBN 978-3-7022-2972-6, S. 145.