マリア・エリーザベト・フォン・エスターライヒ (1680-1741)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・エリーザベト

マリア・エリーザベト・フォン・エスターライヒ(Maria Elisabeth von Österreich, 1680年2月13日 - 1741年8月26日)は、神聖ローマ皇帝レオポルト1世と皇后エレオノーレ・マグダレーネの次女。オーストリア領ネーデルラント総督を務めた。

リンツで生まれる。兄にヨーゼフ1世、妹にポルトガル王妃マリア・アナ、弟にカール6世らがいる。

1724年より、プリンツ・オイゲンの後任としてネーデルラント総督となった。彼女は生涯独身で、音楽や芸術を愛した。また、自分の与えられた任務にも忠実で、常にウィーンからの指示に頼ったわけではなかった。

1741年に死去し、最初ブリュッセルに埋葬されたが、後にウィーンの皇室納骨堂へ移葬された。

先代:
オイゲン公子
オーストリア領ネーデルラント総督
1724年 - 1741年
次代:
ハラハ=ローラウ伯爵