マリア・アンナ・マンチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・アンナ・マンチーニ(1700年)

マリア・アンナ・マンチーニイタリア語表記:Maria Anna Mancini, 1649年 - 1714年6月20日)は、ブイヨン公ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュテュレンヌ元帥の甥)の妻。ミケーレ・マンチーニとジェローラマ・マザリーニの五女としてローマで生まれた。フランス語名マリー・アンヌ・マンシニ(Marie Anne Mancini)。姉にラウラオリンピアマリーオルテンシアがいる。

父の死と共に、母は兄のマザラン枢機卿を頼り、子供達を連れてフランスに移住した。姉妹は美しい姪達を政略結婚させて自分の地位向上を謀った伯父マザランの力でフランス宮廷に出入りするようになり、1662年にマリア・アンナはブイヨン公ゴドフロワ・モーリス・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュと結婚した。詩人ジャン・ド・ラ・フォンテーヌパトロンにもなった。

長姉のラウラが1657年に亡くなり、ラウラの夫ルイ2世が教会に入ると、彼女の息子であるルイ・ジョゼフフィリップを引き取り養育した。1679年の次姉オリンピアによるルイ14世の寵姫・ルイーズ・ド・ラ・ヴァリエール毒殺容疑で自分の地位も危うくなるが、反オリンピア派となり地位を守った。

1714年、パリで65歳で死去した。

関連項目[編集]