マリア・アマーリア・ダズブルゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・アマーリア

マリア・アマーリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Maria Amalia von Habsburg-Lothringen, 1746年2月26日 - 1804年6月18日)は、オーストリアの「女帝」マリア・テレジア神聖ローマ皇帝フランツ1世の六女で、パルマ公フェルディナンドの妃。イタリア語名ではマリーア・アマーリア・ダズブルゴ(Maria Amalia d'Asburgo)またはマリーア・アマーリア・ダウストリア(Maria Amalia d'Austria)となる。

プファルツ選帝侯の一族であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公子カール・アウグストとの恋愛結婚を認められず、1769年に粗野なフェルディナンドに嫁がされた。姉のマリア・クリスティーナが恋愛結婚を認められたこともあり、マリア・アマーリアはパルマで荒れた生活を送った。再三の母からの注意を無視したため、オーストリアへ帰国禁止となり勘当された。なお、フェルディナンドの姉マリア・イサベラは、マリア・アマーリアの兄ヨーゼフ2世に嫁いでおり、二重結婚になっていた。

子女[編集]

マリア・アマーリアとフェルディナンドの間には7人の子供がいた。

  • カロリーナ(Carolina di Borbone, 1770年11月22日 - 1804年3月1日) 1792年、ザクセン公子マクシミリアンと結婚
  • ルドヴィーコ(Ludovico I di Borbone, 1773年8月5日 - 1803年5月27日) パルマ公、エトルリア王。
  • マリーア・アントニエッタ(María Antonietta di Borbone, 1774年11月28日 - 1841年2月20日)
  • カルロッタ(Carlotta di Borbone, 1777年9月7日 - 1813年4月5日)
  • フィリッポ・マリーア(Filippo Maria di Borbone, 1783年5月22日 - 1786年7月2日)
  • アントニエッタ(Antonietta Luisa di Borbone, 1784年10月21日)
  • ルイーザ・マリーア(Luisa Maria di Borbone, 1787年4月17日 - 1789年11月22日)

備考[編集]

マリア・アマーリアとカール・アウグストの結婚は身分違いを理由に反対されたが、この人物は1775年から1795年に没するまで、義理の伯父カール・フィリップ・テオドール選帝侯(プファルツ選帝侯、のちバイエルン選帝侯を兼ねた)の推定相続人(筆頭継承権者)であった。カール・アウグストの弟マクシミリアン・ヨーゼフは1799年に選帝侯を継ぎ、のち1806年にバイエルン王となっている。