マリアンネ・コッホ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリアンネ・コッホ
Marianne Koch
本名 Marianne Elisabeth Koch
別名 マリアンヌ・クック
Marianne Cook
生年月日 1931年8月19日(82歳)
出生地 ミュンヘン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
職業 女優
医師
活動期間 1950年 - 1971年
主な作品
映画
撃墜王 アフリカの星
荒野の用心棒
受賞
ドイツ映画賞銀賞(1955年)

マリアンネ・コッホMarianne Koch1931年8月19日 - )は、ドイツの元女優医師医学博士マリアンヌ・クック(Marianne Cook)の名でも出演している。1950年代から1960年代にかけて、西ドイツを代表する映画俳優として高い知名度を誇った。1970年代以降は俳優業から引退し、医師として活躍した。

経歴[編集]

マリアンネ・コッホは1931年8月19日に、西ドイツミュンヘンで生まれた。当初は医学の道を志したものの、俳優としてのキャリアがスタートしたために勉強を中断せざるを得なかったという。1950年に公開された『Der Mann, der zweimal leben wollte』(日本未公開)が、彼女の映画初出演作である。

コッホは1955年の『悪魔の将軍』でドイツ映画賞の銀賞を獲得し、俳優としての評価を確立させた。西ドイツのみならず国際的に活躍し、1954年の『夜の人々』ではグレゴリー・ペックと、1964年の『荒野の用心棒』ではクリント・イーストウッドと共演を果たしている。それらの俳優業の傍ら、西ドイツの人気クイズ番組『Was bin ich?』のレギュラーとして出演し、人気を集めた。

コッホは1971年に俳優業から引退し、医学の勉強を再開。1974年には医学博士号を取得した。それ以降は故郷ミュンヘンで医師としての活動を続けながら、テレビやラジオの健康番組のホステスとして活躍した。また、健康について述べた一般人向けの著書も数冊出版している。

主な出演作品[編集]

  • 『夜の人々』 - Night People (1954年)
  • ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落[1] - Ludwig II. – Glanz und Elend eines Königs (1955年)
  • 『悪魔の将軍』[2] - Des Teufels General (1955年)
  • 『命ある限り』 - Solange du lebst (1955年)
  • 撃墜王 アフリカの星』 - Der Stern von Afrika (1957年) - ※日本でDVD発売
  • 『間奏曲』 - Interlude (1957年)
  • 『パリの狐』 - Der Fuchs von Paris (1957年)
  • 『猟奇美女連続殺人』 - Das Ungeheuer von London City (1964年)
  • 荒野の用心棒』 - Per un pugno di dollari (1964年) - ※日本でDVD発売

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2007年3月、東京アテネ・フランセ文化センターで「ヘルムート・コイトナーHelmut Käutner)監督特集」が開催され、その中で日本語字幕付きでDVD上映された。
    アテネ・フランセ 2007年1月・2月・3月上映スケジュール
  2. ^ 1.と同じ「ヘルムート・コイトナー監督特集」の中で日本語字幕付きでDVD上映された。

外部リンク[編集]