マラン・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マラン・マレ

マラン・マレマレーMarin Marais1656年5月(洗礼:31日) - 1728年8月15日)は、フランス作曲家指揮者、バス・ヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者。

パリ南の貧民街で見習い靴職人の子供として生まれ、幼少の頃から音楽の才能を認められて1667年にはパリ第一の音楽教育機関だったサン=ジェルマン=ロクセロワ教会の聖歌隊に入り、1672年までフランソワ・シャプロンなどのもとに教育を受ける。

聖歌隊を出た後、ヴィオールサント=コロンブ師などに師事して、名手として知られるようになり、おそらくはリュリ門下の作曲家ジャン=フランソワ・ラルウェットなどの手引きもあって、1676年にはパリのオペラ、そして1679年8月1日からはルイ14世の宮廷のヴィオール奏者に任命された。また作曲家としての名声も高く、1693年に最初のオペラ『アルシード』を発表してからは、パリのオペラの作曲家、そして後には指揮者としても成功をおさめている。晩年にはまた、ヴィオールの優れた教師として知られた。

1676年9月21日に結婚した妻のキャトリーヌ・ダミクールとの間に生まれた十数人の子供のうち、数人は音楽家として名声をなした。

作品[編集]

  • オペラ
  • 器楽曲
    • 独奏・二重奏のためのヴィオール曲集(第1巻)(1686年、通奏低音は1689年
    • トリオソナタ集(1692年
    • ヴィオール曲集(第2巻)(1701年
    • ヴィオール曲集(第3巻)(1711年
    • 独奏・三重奏のためのヴィオール曲集(第4巻)(1717年
    • 『音階』と、その他の合奏曲集(1723年
    • ヴィオール曲集(第5巻)(1725年
      • 作者の実体験を題材にしたナレーション付きの楽曲、「膀胱結石手術図」が有名。

参考[編集]

外部リンク[編集]