マラマ・ヴァイリュア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マラマ・ヴァイリュア Football pictogram.svg
Marama Vahirua.jpg
名前
ラテン文字 Marama Vahirua
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1980年5月12日(33歳)[1]
出身地 フランス領ポリネシアの旗 パペーテ
身長 172cm[1]
体重 68kg
選手情報
ポジション FW
利き足
ユース
1996–1997 フランス領ポリネシアの旗 ASピレー
1997–1998 フランスの旗 FCナント
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998–2004 フランスの旗 FCナント 111 (28)
2004–2007 フランスの旗 OGCニース 99 (19)
2007–2010 フランスの旗 FCロリアン 86 (19)
2010–2013 フランスの旗 ASナンシー 25 (5)
2011–2012 フランスの旗 ASモナコ (loan) 12 (2)
2012–2013 ギリシャの旗 パントラキコスFC (loan) 24 (5)
1998-2013 合計 357 (78)
代表歴2
2001–2002  フランス U-21 6 (2)
2012–  タヒチ 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年10月21日現在。
2. 2013年10月21日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

マラマ・ヴァイリュアMarama Vahirua, 1980年5月12日 - )はタヒチパペーテ出身のサッカー選手。現役時代のポジションはFW。苗字は「バヒルア」「バイルア」とも表記される。

フランス代表としてEURO1992に出場したパスカル・ヴァイリュア英語版は従兄弟である。

得点した後にカヌーをこぐパフォーマンスをする。

経歴[編集]

17歳の時にタヒチからフランスに渡りFCナントの下部組織に入団。その後トップチームに昇格し、2001年5月31日、ASサンテティエンヌ戦でリーグ優勝を決める決勝ゴールを記録した。この優勝によって出場したUEFAチャンピオンズリーグでは、グループリーグ初戦のPSVアイントホーフェン戦でチームの4点目となるゴールを挙げている。

2004年に移籍したOGCニースではフレデリック・アントネッティ監督の下、トップ下でプレーするなどプレーの幅を拡げ、自己最高の10得点を記録。2005年度のオセアニア年間最優秀選手賞を獲得した。

2007年のFCロリアン移籍直後はゴールを量産し、一時期は得点王争いでトップに立った。しかし次第に得点ペースが落ち、さらに怪我で長期離脱を余儀なくされた。2010年、契約切れを機にASナンシーに移籍したが、その後ASモナコ、ギリシャのパントラキコスFCへ1シーズンごとにレンタル放出されている。

2013年10月、ユース時代を過ごしたタヒチのASピレーにアマチュア選手として移籍した[2]

代表歴[編集]

長らくフランス代表入りを目指してきたが、21歳以下の代表に選出されたのみで、A代表でプレーすることは叶わなかった。2012年、出生地であるタヒチがブラジルで開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ2013の出場権を獲得したことで同代表チーム入りを決断。本大会登録メンバーに選出されると、国際大会への経験が乏しいチームをけん引する唯一のプロ選手として注目を集めた。

2013年6月17日、コンフェデレーションズカップ初戦のナイジェリア戦で遂にタヒチ代表デビューを飾った。試合には1-6で敗れたものの、コーナーキックからタヒチのFIFA主催大会初ゴールをアシストするなど随所で活躍を見せた。大会終了後にプロのキャリアから引退することを表明[3]。前述の通りアマチュア選手としてプレーする傍ら、新たにタヒチサッカー連盟のテクニカルディレクターに就任することとなった[4]

所属クラブ[編集]

モナコの旗 ASモナコ 2011-2012 (レンタル)
ギリシャの旗 パントラキコスFC 2012-2013 (レンタル)

タイトル[編集]

シーズン チーム タイトル
2000 フランスの旗 FCナント クープ・ドゥ・フランス
2001 フランスの旗 FCナント リーグ・アン

脚注[編集]

  1. ^ a b “Marama Vahirua” (フランス語). L'Équipe. http://www.lequipe.fr/Football/FootballFicheJoueur7463.html 2013年6月6日閲覧。 
  2. ^ Mercato: Yuto Nagatomo è dell'Inter(フランス語) tahiti-infos.com 2013年10月12日
  3. ^ Vahirua ends on a high oceaniafootball.com
  4. ^ FIFA and OFC define development priorities FIFA.com

外部リンク[編集]