マヨット外人部隊分遣隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヨット外人部隊分遣隊
Dlem.jpg
マヨット外人分遣隊章
創設 1976年
所属政体 フランスの旗 フランス
所属組織 フランス陸軍
部隊編制単位
兵科 外人部隊
兵種/任務/特性 歩兵
人員 約250名
所在地 マヨットパマンジ島ザウジ
標語 Pericula ludus
(Au danger mon plaisir)
上級単位 FASZOI
テンプレートを表示

マヨット外人部隊分遣隊(マヨットがいじんぶたいぶんけんたい、Détachement de Légion étrangère de Mayotte:DLEM)は、マヨットパマンジ島ザウジに駐屯する、南インド洋管区フランス軍(FASZOI)隷下のフランス陸軍歩兵部隊である。

兵種は歩兵、伝統的区分は外人部隊である。

沿革[編集]

最新の部隊編成[編集]

  • 分遣隊本部
  • 本部管理中隊
  • 総合戦闘中隊(陸軍の保有するあらゆる個人用火器及び組運用火器を装備し、島嶼戦に特化した歩兵中隊である)

定員[編集]

  • 分遣隊の人員構成は、約250名からなる。
  • 同分遣隊は、他の外人部隊の隊員と定期的に4ヶ月単位で交代して勤務に就いている。

分遣隊の任務[編集]

水路潜入射撃訓練の様子

分遣隊は、マヨット海外准県における主権確保、領域警備及びフランス権益の保護、島嶼戦の訓練を継続実施することにある。(陸上自衛隊対馬警備隊と同じ様な任務を受け持つ部隊である。)

主要装備[編集]

関連項目[編集]