マメハチドリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マメハチドリ
Calypte helenae ampliado.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: アマツバメ目 Apodiformes
: ハチドリ科 Trochilidae
: Mellisuga
: マメハチドリ M. helenae
学名
Mellisuga helenae
和名
マメハチドリ
英名
Bee Hummingbird

マメハチドリ(豆蜂鳥、学名:Mellisuga helenae)は、アマツバメ目ハチドリ科に分類される鳥類の一種。

分布[編集]

形態[編集]

全長4~6cm、オスがやや小さい。体重2gと鳥類の中で最小、最軽量。また、卵も同様に鳥類一小さく、最軽量で、長さ6・5mm、重量約0・3g。

生態[編集]

山地から海岸にかけての湿原森林に生息する。

花の蜜や昆虫クモなどを食べる。チョウハチなど、花蜜食の昆虫と花の蜜をめぐって争うことがある。

巣づくり、抱卵、子育てはメスだけが行う。1秒間に50~80回羽ばたかせる、ホバリング(停空飛翔)ができる。ただしホバリングは激しい運動であるため栄養価の高い花の蜜を吸い、栄養を蓄える。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
ハチドリ亜科 Trochilinae

関連項目[編集]

参考文献[編集]

執筆の途中です この項目「マメハチドリ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類