マミー・リアーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mamie Julia Rearden
マミー・ジュリア・リアーデン
生誕 1898年9月7日
死没 2013年1月2日(満114歳没)
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国サウスカロライナ州
著名な実績 存命人物におけるアメリカ第2位の長寿

マミー・リアーデン(Mamie Rearden、1898年9月7日 - 2013年1月2日)は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州に住んでいた長寿の女性。2012年12月17日から死去までアメリカ最高齢であったとされたが、2014年7月4日に、彼女より年長のガートルード・ウィーバーが認定されたことにより、実際はアメリカ最高齢にはなれなかったことが判明している。存命中は、世界では木村次郎右衛門大久保琴大川ミサヲガートルード・ウィーバーに次ぐ第5位の長寿の人物であった。

1919年に結婚した。1979年に夫が死去する。

2012年12月17日、115歳のアメリカ人女性ディーナ・マンフレディーニの死去に伴い、114歳101日でアメリカで2番目の長寿となった(当時はアメリカ最高齢とされた)。

2013年1月2日死去[1]。114歳117日没。リアーデンの死に伴い、2013年1月2日時点でアメリカ人の長寿第1位は1899年生まれの女性、エルシー・トンプソンになったとされたが、リアーデンより年上のガートルード・ウィーバーが認定されたことにより、実際はいずれもアメリカ最高齢になれなかったことが判明している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Mamie J. Rearden Edgefield Advertiser 2013年1月5日閲覧