ママヌザ諸島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ママヌザ諸島内バウンティ島
空から見たママヌザ諸島

ママヌザ諸島(Mamanuca Islands)は、フィジー諸島。火山性の諸島で、ナンディの西沖合いに浮かび、ヤサワ諸島の南に浮かぶ。快晴が多く降雨が少ない気候のため水源の確保が難しく、諸島最大の島マロロ島など数島にしか居住者がいなかったが、美しい海と、フィジーの玄関口であるナンディ国際空港に近いこと、温暖で快晴の多い気候などから観光開発が進められ、現在ボモ島、トコリキ島、マタマノア島、マナ島、カリト島(キャストアウェイ島)、マロロ島、マロロライライ島、ナモツ島、タバルア島、ナビニ島、マラマラ島、カンダブライライ島(バウンティ島)、ビーチコンバー島など、20以上の島にリゾートが建設されている[1]。いくつかの島は満潮時には海面下となる。諸島のうちのひとつであるモヌリキ島は、2000年に映画「キャスト・アウェイ」の舞台となった。

脚注[編集]

  1. ^ ヤサワ諸島、ママヌザ諸島 リゾートガイド-フィジー政府観光局、201130-03-閲覧。