マヘ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マヘ島(マヘとう)は、セーシェル共和国に存在するである。

概要[編集]

上空から見たマヘ島

面積はセーシェル共和国の三分の一を占める153平方キロメートル、人口はセーシェルの島の中で最も多く、80%を占め、首都ビクトリアが位置する等、セーシェルの中心を担う。島は花崗岩質で出来ている。マヘ島の名前の由来は、フランスがセーシェルに探検隊を送り込んだときの総督の名から取った。

地理[編集]

北部にセーシェル山(912m)、南部にハリソン山(688m)と、狭いうえに高い山があるのでかなり急斜面となっている。北部には唯一の商港、ビクトリア港がある。

都市[編集]

関連項目[編集]