マフムード・マムダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mahmood Mamdani.jpg

マフムード・マムダニ (Mahmood Mamdani, 1947年 - ) はウガンダカンパラ生まれのインド系3世のアフリカの文化人類学、政治学者。コロンビア大学人類学部教授、ハーバート・リーマン政治学教授 (1999年 - )、アフリカ研究所長 ( - 2004年) [1]。ダカールに置かれているアフリカ社会科学研究発展評議会 (CODESRIA) の議長 (1999年 - 2002年)。

ウガンダで生まれ、米国の奨学金を受けピッツバーグ大学タフツ大学フレッチャースクールハーバード大学に留学し1974年に博士号取得、イディ・アミン政権時代にインド系移民の追放を受けイギリスに亡命、ダルエスサラーム大学(1973年 - 1979年)を経て第二次ミルトン・オボテ政権時にウガンダに帰国しマケレレ大学教員 (1980年 - 1993年)として成年識字教育計画に携わり、鉄道労働者の政治活動に関わった。カンパラの基礎研究センターの財務部長(1987年-1996年)も兼ねた。1988年ミーラー・ナーイルと結婚。ケープタウン大学教授[2](1996年 - 1999年)。

アフリカ史学、政治学、国際関係論の専門家と看做され、その言動はアフリカに関する議論で重要な役割を果たした。1996年の『市民と臣民』(Citizen and Subject) は米国アフリカ学会 (ASA) の1998年度ハースコヴィッツ賞を受賞した。2001年にはノーベル平和賞授賞シンポジウムに招かれた[3]。米『フォーリン・ポリシー』誌と英『プロスペクト』誌の2008年度の世界の知識人100人の一人に選ばれた[4]

英語フランス語グジャラート語ヒンディ語、ガンダ語、パンジャブ語スワヒリ語ウルドゥ語などを話す。

著書、論文等[編集]

  • From Citizen to Refugee, Francis Pinter Ltd., 1973.
  • Myth of Population Control, Monthly Review Press, 1973.
  • Politics and Class Formation in Uganda, Monthly Review Press, 1976.
  • Imperialism and Fascism in Uganda, Africa World Press, Inc., 1983.
  • And Fire Does not Always Beget Ash: Critical Reflections on the NRM, 1996.
  • Citizen and Subject: Contemporary Africa and the Legacy of Late Colonialism, Princeton University Press., 1996.
  • Report of the CODESRIA Mission to the Democratic Republic of Congo. September, 1997. Text of report submitted to the General Assembly of the United Nations
  • Council for the Development of Social Research in Africa (CODESRIA) in Dakar, Senegal. December 14-18, 1998, page 2
  • Crisis and Reconstruction -- African Perspectives: Two Lectures, with Colin Leys, Nordiska Afrikainsinstutet, 1998.
  • When Does a Settler Become a Native? Reflections of the Colonial Roots of Citizenship in Equatorial and South Africa. Text of Inaugural Lecture as A. C. Jordan Professor of African Studies, University of Cape Town, Lecture Theatre 1, Education Building, Middle Campus, Wednesday 13 May 1998, 8.15 p.m.
  • Beyond Rights Talk and Culture Talk: Comparative essays on Rights and Culture. ed. St. Martin's Press, 2000.
  • When Victims Become Killers: Colonialism, Nativism and the Genocide in Rwanda, Princeton University Press., 2001.
  • Good Muslim and Bad Muslim: America, the Cold War, and the Roots of Terror, Pantheon Books/Random House, 2004.
    • 越智道雄 訳『アメリカン・ジハード 連鎖するテロのルーツ』岩波書店。
  • "The Politics of Naming: Genocide, Civil War, Insurgency", in London Review of Books, Vol. 29, No. 5, 8 March 2007.

脚註[編集]

  1. ^ Columbia University: Directry
  2. ^ 峯陽一ウガンダ 1986、南アフリカ 1994 -紛争後の包括的政治体制の比較分析-」p.103, 武内進一 編『アフリカにおける紛争後の課題』調査研究報告書 第3章 アジア経済研究所 2007年
  3. ^ War and Peace in the 20th Century and Beyond, ISBN 9789812381965
  4. ^ The Top 100 Public Intellectuals: Bios, FOREIGN POLICY.

外部リンク[編集]