マフィンガ丘陵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マフィンガ丘陵
マフィンガ丘陵の位置(マラウイ内)
マフィンガ丘陵
マフィンガ丘陵
マフィンガ丘陵の場所
座標: 南緯9度58分35秒 東経33度20分52秒 / 南緯9.97639度 東経33.34778度 / -9.97639; 33.34778
国名 マラウイの旗 マラウイ ザンビアの旗 ザンビア
海抜 2329 m

マフィンガ丘陵(Mafinga Hills)は、南部アフリカの2カ国であるマラウイザンビア間の国境上に位置する丘陵・高原地域である。この地域の岩石は、珪岩千枚岩などの変成岩のほか、堆積岩である長石砂岩からなる[1]

この高原内で最も標高の高い場所はザンビア側にあり、当該地点の標高は2329mであるが、固有の名前は付けられていない。かつてこの地域は北部州東部州間を行き来する際の難所であり、特に雨季の期間には困難なルートとなっていた。また、行き来の際の車は4輪駆動車であることが推奨されていた。現在は、両州の間にはイソカとムヨンベ間の道路(Isoka-Muyombe Road)が整備されたことで、この新たな斜面の下方を横切る最短のルートが主に使用されている。

また、ザンビア東部の主な河川の1つであるルアングワ川は、マフィンガ丘陵を水源としている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (英語) Mafinga Hills (Hills, Malawi/Zambia), Britannica Online Encyclopedia, accessed on April 26, 2009.

外部リンク[編集]