マハートマー書簡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マハートマー書簡』(Mahatma Letters)とは、モリヤクートフーミといった大師(マハートマー)から授かったと主張される手紙である。ブラヴァツキー夫人は物質化によって渡されたと述べた。

以後、アルフレッド・パーシー・シネットアラン・オクタビアン・ヒュームが同様にマハートマーからのメッセージを受け取った主張。これらのいくつかは書籍の形でまとめられることになる。

ブラヴァツキー夫人の事例は心霊現象研究協会リチャード・ホジソンによる ホジソン・レポート英語版で検証が行われている[1]。これにより「物質化」のトリックが解明される。マドラスの神智学協会の脱退者である夫婦の助けを得たものであるが、神智学側はこれを否定し、のちに協会側が誤りを認めて夫人に謝罪した、と語られている[2]

参照[編集]

  1. ^ 三浦清宏『近代スピリチュアリズムの歴史 心霊研究から超心理学へ』講談社、2008年
  2. ^ 筑摩書房刊『インド幻想紀行 ヒンドスタンの石窟とジャングルから』所収の高橋巌による解説

関連項目[編集]

外部リンク[編集]