マノロ・エスコバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マノロ・エスコバル
2010年撮影}
2010年撮影
基本情報
出生名 Manuel García Escobar
出生 1931年10月19日
出身地 スペインの旗 スペイン アンダルシア州アルメリア県エル・エヒード Las Norias de Daza
死没 2013年10月24日(満82歳没)
スペインの旗 スペイン バレンシア州アリカンテ県ベニドルム
ジャンル Coplaルンバパソドブレボレロタンゴワルツ
職業 歌手俳優司会者
担当楽器 歌手
活動期間 1956年 - 2013年
レーベル Orpheo, Saef, Belter, BMG, Horus, Vamm
公式サイト http://www.manoloescobar.net

マノーロ・エスコバル (Manolo Escobar) として広く知られているマヌエル・ガルシーア・エスコバル(Manuel García Escobar、1931年10月19日 - 2013年10月24日)は、おもにコプラ・アンダルーサ (copla andaluza) やスペイン歌曲を歌うスペインの歌手。俳優としても活躍し、様々なミュージカル映画に出演した。代表的なヒット曲には、「El Porompompero」、「Mi carro」(1969年)、「La minifalda」や、ベルギーの作曲家レオ・ローゼントラーテン (Leo Rozenstraten) の作である「Y viva España」などがある。

経歴[編集]

マノーロ・エスコバルは、父アントニオ・ガルシーア (Antonio García) と母マリア・デル・カルメン・エスコバル (María del Carmen Escobar) の間に、やがて10人となる兄弟姉妹の5番目の子として生まれた。エスコバルは後に、母に「Madrecita María del Carmen」という曲を捧げている。父アントニオは、家業であった農業を捨て、飲食業や文化関係の仕事に打ち込んだ。やがて父は、ある共和派の元教師と出会い、子どもたちを教育することと引き換えに住まいを提供することになったが、その教育の中には音楽も入っていた。マノーロは、こうしてリュートを習い始めた。また、ピアノも幼い頃から弾いていた。

14歳のとき、マノーロは兄弟たちと一緒にバルセロナへ移り住み、いろいろな仕事の見習い修業をするようになった。また、バダローナバルセロナ県)やバルセロナの中華街で、兄弟であるサルバドール (Salvador) や バルドメーロ (Baldomero) とともに、マノロ・エスコバルとギター楽団 (Manolo Escobar y sus guitarras) と名乗って演奏活動を始めた。やがて、このバンド活動が軌道に乗ると、もうひとりの兄弟であるフアン・ガブリエル (Juan Gabriel) が加わった。程なくして、ガルシーア・エスコバル兄弟の中から、フアン・ガブリエルとホセ・マリーア (José María) が曲を作るようになり、バンドでも演奏するようになっていった。

私生活では、1959年に、ドイツ人女性アナ・マルクス・シファー (Ana Marx Schiffer)、通称アニータ・マルクス (Anita Marx) と、カスティージョ・デ・アロ(プラッジャ・ダロ) (Castillo de Aro (Platja d'Aro)) の「フィエスタ (Fiesta)」というナイトクラブで知り合い、3か月後にドイツケルンで、お互いに相手の母語を解さないまま結婚した。今日まで50年以上の夫婦生活が続いている。(夫婦の間に実子はないが)養女にバネッサ (Vanessa) がおり、エスコバルは「Mi pequeña flor」という歌を娘に捧げている。

1962年、エスコバルは、教師であったソラーノ (Solano) の作った歌でマドリードバルセロナでデビューを果たし、スターとなり、また、アルコス・デ・ラ・フロンテーラカディス県)で撮影された映画『Los Guerrilleros』に出演した。

こうしてエスコバルは自分のジャンルで成功を収め、1965年以降にも(ジャンルとしてのコプラ・アンダルーサが著しく衰退していく中で)数多くのレコードをヒットさせ続け、スペイン歌曲にとって厳しい時代の中で、自分の一座を維持して興行を続けた数少ないアーティストのひとりとなった。しかし、(公にはされていない理由により)メディアが報じるヒット・チャートに登場することは決してなかった。

1990年代はじめ、エスコバルはベニドルムアリカンテ県)にシャレーchalet:スイス風の家屋)を構え、持ち歌の曲名にちなんで「Porompompero」と命名した。出演した20作品以上の映画のうち、3作品はスペインの映画史上において観客動員数の上位10作品に入っており、さらに80枚ほどのレコードのうち24枚はゴールド・ディスク、カセットの1作品はプラチナの認定を受けていることが、エスコバルが第一人者であることの証である。ベルター・レーベル (Belter) は、マノーロ・エスコバルのアルバム24枚をゴールド・ディスクとしたが、売り上げ実績からすれば40枚以上が対象となっていたはずである。エスコバルの最大のヒット・アルバムは、オリジナル盤が600万枚を売り上げた『Y Viva España』であるが、後の公式再発盤を含めると売り上げは1000万枚に達する。このアルバムは1973年から1992年の期間において、スペインの音楽市場最大の売り上げを達成したアルバムであった。

2010年、エスコバルは、大腸癌であることを公表し、癌の進行を抑えるために化学療法に取り組んだ。こうした体調にもかかわらず、自身のキャリアを通した選曲で構成されたショー「De Manolo a Escobar(マノロからエスコバルへ)」、講演先の地元のバンドと一緒に歌う「Manolo Escobar y la Banda de tu Pueblo(マノーロ・エスコバルとあなたの地元のバンド)」、いつも一緒に演奏している自分の音楽上の仲間と歌う「Galas(ガラ)」と、3種類の興行を続けた[1]

2011年9月18日朝、エスコバル自身も、家族も、まだ寝入っている間に、ベニドルムの自宅に物取りが入った。盗まれたものの中には、ゴールド・ディスク数枚、功労勲章のメダル (la Medalla de la Orden al Mérito en el Trabajo)、FCバルセロナの金色に輝くロゴ[2]などがあった。FCバルセロナの会長サンドロ・ロセイは直ちに、新たに作ったクラブの金色に輝くロゴをエスコバルに贈呈する、と発表した。

2013年10月24日、ベニドルムの自宅にて死去。82歳没。大腸癌で闘病生活を送っていた[3]

ディスコグラフィ[編集]

オリジナル盤のみ。レーベル別に表示。

ORPHEO[編集]

(EP)

  • Ay de mi Alhambra; Pinceles españoles; Pasodoble, te quiero; Debajo de los olivos; No despiertes; No me falta na (1957)
  • Aires navideños jerezanos (Los peces en el río); Villancicos de Triana; Vamos pastores; Pastores a Belén (1958)
  • Fue la noche de tus ojos; Piropo a Almería; Calma ese fuego, muchacho; Desde tierra extranjera (1958)

SAEF[編集]

SAEFは、"Discos Belter" 傘下のレーベル。

(EP)

  • Debajo de los olivos - Sevilla la novia - Pasodoble te quiero - Al compás del garrotín (1959)
  • Pinceles españoles - Piropos a Almería - ¡Ay de mi Alhambra! - Desde tierra extranjera (1959)
  • El misterio de las flores - No me falta na - Fue la noche de tus ojos - Calma ese fuego muchacho (1959)
  • Requiebro a Barcelona - Luto blanco - Más allá del amor - No despiertes (1959)
  • España mi embajadora - Yo soy un hombre del campo - Ni se compra - Hacia el rocío (1960)
  • Fandangos cabales - Traigo una yegua campera - Los ruiseñores cantando - Lo mejor y lo peor (1960)
  • El primer bautizo - Te canto con mis guitarras - El Porompompero - Ave María no morro (1960)
  • Cuando manda el corazón - ¡Vaya usted a saber ! - Fandango de amores - Ya te dije (1960)
  • Mulero y campanillero - Chulapona de Madrid - Mi Valdepeñas - El fuego de la cortinita (1961)
  • ¡Ay mi patio sevillano! - Martirio amargo - Embrujo de España - Castillos en el aire (1961)

BELTER[編集]

(LP)

  • Espigas y Amapolas (1964) - 「El Porompompero」を収録
  • El ángel de la guarda (1966)
  • Éxitos de películas (1967)
  • BSO "Pero...¿En qué país vivimos?" (1967)
  • Aquel hijo (1967)
  • Películas de Manolo Escobar (1968)
  • Mi novia (1968)
  • Villancicos (1969)
  • Manolo Escobar y sus películas (1970)
  • Canciones de películas (1970)
  • Aires navideños (1970)
  • Sevillanas (1971) - 「La minifalda」を収録
  • Grandes éxitos (1971)
  • Brindis (1971) - 「Mi carro」を収録
  • Por los caminos de España (1972)
  • BSO "Entre dos amores" (1972)
  • Y viva España (1973)
  • BSO "Me has hecho perder el juicio" (1973)
  • Cada lágrima tuya (1974)
  • ¡Ay, Caridad! (1974)
  • BSO "Cuando los niños vienen de Marsella" (1974)
  • Qué guapa estás (1975)
  • BSO "¡Eva! Qué hace ese hombre en tu cama" (1975)
  • Niña bonita (1976)
  • Selección Antológica del Cancionero Español Vol. I, II y III (1976-1977)
  • BSO "La mujer es un buen negocio" (1977)
  • Calor (1977)
  • Labrador (1978)
  • BSO "De las películas Préstemela esta noche y Donde hay patrón" (1978)
  • Mis mejores canciones (1978)
  • BSO "Alejandra mon amour" (1979)
  • Mi pequeña flor (1979)
  • BSO "Dónde estará mi niño" (1980)
  • Amores (1980)(ya no existe)
  • Villancicos tradicionales (1981) doble LP
  • Manolo, siempre Manolo (1981)
  • Los grandes pasodobles... cantados (1982)
  • Papá te quiero mucho (1982)
  • Coraje (1983)
  • Sevilla casi na (1984)

BMG[編集]

  • Miel de Amores (1985)
  • Antología (1986)
  • Vive la vida (1986)
  • Suspiros de España (1987)
  • 30 aniversario (1988)
  • Por pasodobles, por sevillanas (1989)
  • Rumba pa ti (1990)
  • ¡Qué bonita eres! (1991)
  • Tango, tango (1992)

HORUS[編集]

  • Tiempo al tiempo (1994)
  • Tiempo de Navidad (1995)
  • Con mi acento (1996)
  • Aromas (1997)

VAMM Records[編集]

  • Contemporáneo (1999)
  • Grandes éxitos (1999) - 『Contemporáneo』の再編版、非売品
  • De puerto en puerto (2000)
  • Manolo Escobar (2002)

フィルモグラフィ[編集]

マノロ・エスコバルは、ラファエル (Raphael)、ペレ (Peret)、フリオ・イグレシアスら、1960年代のほかの人気歌手たちと同じように、映画にも出演したが、ドラマの展開に絡む役を演じるというよりは、映画を通しての顔見せという面が強かった。エスコバルは『Los Guerrilleros』で映画デビューを果たし、シピオナ (Chipiona) 出身のロシオ・フラード (Rocío Jurado) と共演した。

タイトル 監督 注記
1963 Los Guerrilleros Pedro L Ramirez
1965 Mi canción es para ti Ramón Torrado Manolo de Lorca/Curro Lucena
1966 El padre Manolo Ramón Torrado Padre Manolo Ramírez
1966 Un beso en el puerto Ramón Torrado
1967 Pero, ¿En qué país vivimos? José Luis Sáenz de Heredia Antonio Torres Concha Velasco との初共演作
1968 Relaciones casi públicas José Luis Sáenz de Heredia Concha Velasco との共演作
1969 Juicio de faldas José Luis Sáenz de Heredia Concha Velasco との共演作
1970 En un lugar de la Manga Mariano Ozores Concha Velasco との共演作
1971 Me debes un muerto José Luis Sáenz de Heredia Concha Velasco との共演作
1972 Entre dos amores Luis Lucia Mingarro Gabriel Rivera
1973 Me has hecho perder el juicio Juan de Orduña
1974 Cuando los niños vienen de Marsella José Luis Sáenz de Heredia
1975 Eva, ¿qué hace ese hombre en tu cama? Tulio Demicheli
1976 La mujer es un buen negocio Valerio Lazarov テレビ番組制作者である監督の唯一の映画
1977 Préstamela esta noche Tulio Demicheli
1978 Donde hay patrón... Mariano Ozores Manolo Mayra Gómez Kemp が出演した唯一のスペイン映画
1979 Alejandra mon amour Julio Saraceni Manolo Sandoval 南米では『Operación Comando』として公開
1980 ¿Dónde está mi niño? Julio Saraceni Manolo Andújar
1981 Todo es posible en Granada Rafael Romero Marchent José Luis Sáenz de Heredia 監督の1954年の同名映画のリメイク

出典・脚注[編集]

  1. ^ Manolo Escobar: "Pongo interés a la quimio para seguir cantando" El Periódico de Catalunya, 19.12.2010
  2. ^ Los ladrones entran en casa de Manolo Escobar y se llevan sus medallas El Periódico de Catalunya, 20.09.2011
  3. ^ スペインの歌手、マノロ・エスコバル氏死去 時事ドットコム 2013年10月25日

外部リンク[編集]