マネーの虎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「¥マネーの虎」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
¥マネーの虎
NO CHALLENGE, NO SUCCESS
ジャンル リアリティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 栗原甚(総合演出・プロデュース兼務)
堀江利幸(構成兼務)
プロデューサー 桜田和之(CP)ほか
出演者 吉田栄作
ほか、#マネーの虎を参照
外部リンク 公式サイト
土曜深夜時代
放送時間 毎週土曜 24:50 - 25:50(60分)
放送期間 2001年10月6日 - 2002年3月30日
金曜ゴールデン時代
放送時間 毎週金曜 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 2002年4月19日 - 2003年9月19日
月曜深夜時代
放送時間 毎週月曜 22:54 - 23:24(30分)
放送期間 2003年9月29日 - 2004年3月29日

特記事項:
ナレーション:石川英郎上村典子(ゴールデン時代のみ)
テンプレートを表示

¥マネーの虎』(マネーのとら)は、2001年平成13年)10月から2004年(平成16年)3月まで、日本テレビで放送されたリアリティ番組である。

一般人である起業家事業計画プレゼンテーションし、投資家たる審査員らが出資の可否を決定するという内容だった。

後に、『Dragon's Den』などの名前で同じ形式の番組が世界各国で制作された。

概要[編集]

正式な題名は、『¥マネーの虎』で、陸軍大将山下奉文、もしくは軍属谷豊の渾名、『マレーの虎』をもじったもの。司会者は俳優吉田栄作。オープニング映像にはAV女優の長瀬愛がセーラー服姿で登場していた(ゴールデン時代を除く)。また別バラ時代は同枠の他番組と異なる独自のオープニングキャッチ(ナレーター担当の石川英郎が番組と同じ口調で「夜は別バラ」とコールする)が使用された。

本番組のフォーマットは海外に輸出され、「Dragon's Den」のタイトルでイギリスで番組化されたほか、オーストラリアニュージーランドイスラエルカナダオランダフィンランドでも各国版が製作された。また、アメリカでも「Shark Tank」のタイトルで番組化されている。(詳しくは各国バージョンを参照)

タイトルロゴには「NO CHALLENGE, NO SUCCESS」の英文が添えられている。

内容[編集]

基本ルール
志願者による自分がやりたい事業や、叶えたいに関するプレゼンテーションに対して、「マネーの虎」と呼ばれる大物起業家達が、自腹で現金を出資するか否かの判断を下す。虎達の出資予定額の合計が、志願者の希望金額に到達すれば「マネー成立」となり、志願者は虎達からの出資金を獲得できる。
ただし、虎達の出資予定額の合計が志願者の希望金額に到達しなければ「マネー不成立」となり、志願者は虎達からの出資金を一切受け取れない。またマネー成立後でも、後日プレゼンの中に嘘や偽りが発覚したり、予定していたノルマに達しなかったりすると「ノーマネー」となる。
マネー成立の場合、新規起業者は出資者との相談で、開業当日の利益目標に応じたノルマを設定する。なお、利益がノルマに到達しなかった場合、出資者から厳しい叱咤を浴びせられるのが恒例である。
志願者登場前に虎達は自身の机上に現金を並べる。高橋がなりは現金を用意せず、投資時には念書に投資金額を記入する形で対応していた。放送内容によっては現金を机上に残したまま外出しているため、本物の現金か演出用の小道具かは不明。投資額について「希望額に1円でも達しなければマネーは不成立」という説明があるが、基本的には1万円単位で希望額が設定されている。一方虎達側は出資時には100万円の札束単位で(例えば350万円出資の場合、100万円札4束分を渡す)マネー成立時に志願者に渡している。
投資金額について
志願者の希望金額には上限が無い。最高希望額は中華料理のファーストフード店開業を希望した志願者で1億円。マネー成立した案件では井手らっきょの2270万円が最高投資額となった。総投資金額は番組最終回にマネー成立者のその後を追跡した企画で3億546万円と紹介された。マネー成立後にプレゼン内容の虚偽発覚やノルマ達成等の条件を達成できなかったために成立無効になった志願者もいるため、放送された全マネー成立者の総投資金額と最終回で公表された総投資金額は一致しない。
希望額に到達した段階でマネー成立だが、モンゴルでタクシー業を開業したい志願者(希望額1752万円)の場合、加藤和也川原ひろしが先に600万づつ投資に名乗りを上げて残り金額は552万円だったが、モンゴルの現地視察後に投資を決めた高橋がなりが(加藤・川原両社長と)同じ金額の投資を希望した結果、結果的に希望額を上回る1800万円の投資となった。
その他
志願者のプレゼンテーションに関して、虚偽が一つでもあったり、態度が悪かったり、起業計画に甘さがあったりすると、虎達は激烈な非難を浴びせ、最悪の場合、激怒した虎が途中で席を蹴る事すらあった。なお、司会である吉田栄作も、ある志願者の芸能人育成に対する認識の甘さに反発して一時退室した事があった。
放送が続くにつれて、志願者に対する人格否定とも取れるほどに屈辱的な虎による非難や、虎同士の怒号飛び交う対立など、より一般常識からかけ離れた過激なやり取りが展開された。
この番組では、虎達にはギャラは支払われていない。その他にも、交通費、食費、宿泊費などの費用も、すべて虎達の自腹となっている。
番組企画のジレンマ
出演者達により、番組のあり方に対する疑義が呈されることもあった。虎の岩井良明は、「出来すぎた計画を持ち込むと宣伝ではないかと言われ、未完の計画を持ち込むと詰めが甘いと叱責されることに問題がある」と、企画が抱えるジレンマを指摘している(※「ペット用健康水を販売したい」の回)。
また、堀ノ内を始めとする虎達から「自分(自力)でやったらいいじゃないか」と突き放された外国人志願者が、「それを言い出したら、何の為に、この番組があって、ここに来ているのかわからない」と逆に詰め寄る出来事もあった。

沿革[編集]

放送時間の変遷[編集]

期間 放送曜日 放送時間(日本時間 備考
2001.10.06 2002.03.30 土曜日 24:50 - 25:50(60分) 原則関東ローカルであったが、一部地域にもネットされた。
2002.04.19 2003.09.19 金曜日 20:00 - 20:54(54分) 放送開始から半年で全国ネット開始。
2003.09.29 2004.03.29 月曜日 22:54 - 23:24(30分) テレビ大分でも同時ネット開始。

ブームの推移[編集]

深夜放送時代に評判となり、深夜ながらも視聴率は7%を超えていた。演出方法や「マネー成立です」「ノーマネーでフィニッシュです」といった決まり文句が強烈なインパクトを与えたことから、数々のバラエティ番組等で盛んにパロディが行われるほど注目が集まった。当時の日本テレビを支えていた人気番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』の後を受けてゴールデンタイムに大抜擢された。

しかし、視聴率は低迷し、深夜枠へ戻る。その後、番組終了となった。

マネーの虎[編集]

レギュラー(放送開始から終了まで)[編集]

準レギュラー[編集]

初期(土曜深夜時代)

  • 愛田武(愛田観光株式会社代表取締役、年商16億)
  • 上野健一(ノシアスグループ代表取締役(出演当時)株式会社全管連(現在ZKRに名称変更)代表取締役(現在)、年商62億→ZKR社に関してのみ、民事再生法適用申告中)
  • 櫻井博(株式会社トマトアンドアソシエイツ代表取締役(出演当時)、年商157億)
  • 市東剛(ホテルセーラグループ株式会社代表取締役)
  • 杉本博彦(株式会社ピー・ジー・エム代表取締役、年商18億)
  • 高須基仁(モッツ出版株式会社代表取締役、年商10億)
  • 竹麓輔(株式会社ハートランド代表取締役、年商20億)
  • 床波浩(株式会社ビットウェイブ代表取締役(出演当時))

初期(土曜深夜時代)〜中期(金曜20時台時代)

中期(金曜20時台時代)

  • 大原茂桂(株式会社カルチャーオブ・エイジア代表取締役(出演当時)、年商10億)
  • 野口美佳(株式会社ピーチ・ジョン代表取締役、年商134億)
  • 早原浩三(株式会社アップス代表取締役(出演当時)、年商10億)
  • 樋口道也(株式会社ドリーム代表取締役、年商16億)
  • レイコ・B・リスター(株式会社エル・インターナショナル代表取締役、年商25億)

中期(金曜20時台時代)〜末期(月曜別バラ時代)

志願芸能人[編集]

「夜は別バラ」枠に移行後は、芸能人志願者も多く登場した。

漫画[編集]

番組のいくつかの話を抜粋したファンブック『マネーの虎』も出版された。一部分が土田世紀の手により漫画に書き起こされている。

主な成功者[編集]

  • 男性A(クレープ製造販売チェーン店元代表取締役社長)
南原が400万円、尾崎が300万円、岩井が100万円出資。
番組最終回分収録の時点で年商3億円を突破。
2013年12月現在、全国に19店舗持っている。
  • 男性B(パソコンメンテナンス企業代表取締役社長)
岩井、小林がそれぞれ335万円出資。
2012年8月現在、全国に6カ所の事務所がある。
貞廣が410万円、川原が200万円、岩井が210万円出資。
後に、歌スタの審査員を務めるなどトップDJになった。
小林が270万円、岩井と高橋がそれぞれ1000万円出資。
番組史上最高の出資額。福岡ソフトバンクホークス猪本健太郎が同校出身者初のプロ野球選手。
  • 男性C(ペット用品販売代表取締役社長)
岩井が370万円出資。
会社情報のページ等でマネーの虎での体験談が掲載されている。
  • 男性D(イタリアン飲食店代表取締役社長)
加藤が980万円出資。
茅ヶ崎、大船、平塚の3店にもう1つのイタリアンの飲食店を展開している。
  • 男性E(木製品製造代表取締役社長)
貞廣が500万円出資。

スタッフ[編集]

  • 企画・総合演出・プロデュース : 栗原甚
  • 企画・構成 : 堀江利幸
  • 構成 : 鈴木おさむ、高草木靖治、渡辺哲夫、小野高義、鈴木工務店
  • ナレーター : 石川英郎上村典子(ゴールデン時代のみ)
  • TM : 伊東聡
  • CAM : 元木宏、後藤一平
  • AUD : 大関満朗
  • VE : 渋谷岳彦
  • 美術 : 林健一
  • 編集技術 : プロセンスタジオ
  • EED : 日詰しのぶ
  • MA : 新井保雄
  • 音効 : 森山顕仁
  • 広報 : 梶原美緒
  • デスク : 呉羽あゆみ
  • 取材 : 高橋明美、島中譲
  • AD : 鴻巣裕司
  • AP : 井野知美、朝倉康晴、棚橋砂予
  • ディレクター : 諏訪一三、土井聡司、高橋政光、関和明
  • 演出 : 山谷和隆、大澤宏一郎、大熊義紹
  • プロデューサー : 面高直子、金田有浩 / 小山伸一、小路丸哲也、仲野久
  • チーフプロデューサー : 桜田和之
  • 技術協力 : 八峯テレビ
  • 美術協力 : 日本テレビアート
  • 制作協力 : えすとザイオンジーヤマ
  • 製作著作 : 日本テレビ

おもなエピソード[編集]

  • 加藤和也は、第二のモーニング娘。を売り出したいという志願者に対して「厚木のキャバクラの月の売上が3,000万円ということは、絶対に100パーセントありえない。お前は嘘をついている。俺はもう帰る。」と発言して、途中退場した。しかし、税務署に記録されている月別売上表(損益計算書に添付)によれば、厚木で月の売上が3,000万円を超えるキャバクラは存在する。飲食業界で何十年間も年商数十億円を続けてきた吉川幸枝も「損益分岐点が2,500万円ということは、月の売上3,000万円ということは普通にある。何故加藤さんは途中退場したの?」と発言しており、志願者も「加藤さんの今の退場の仕方はビジネスマンとしておかしい。自分が今まで築いてきた人間関係と比べて、加藤さんはおかしいんじゃないか。もし月の売上3,000万円が絶対にありえないなら、私もこの場で退場します!」と言い返している。
  • 外国人志願者が出演した際、堀之内九一郎社長に「私達が何の仕事をしているか知っている?」と聞かれ、その外国人は「堀之内九一郎社長はリサイクルショップの経営をされています。岩井良明社長は学習塾の経営です。加藤和也社長は美空ひばりさんの息子さんです。」と回答している。
  • 志願者によるプレゼンテーションのほかに、過去に番組でマネー成立した志願者のその後を追跡・放送することもあった。成功を収め年商億単位の会社にまで成長した者もいれば、反対に失敗して借金を背負うことになってしまった者もいた。
  • 虎という立場上、スケジュール等の理由で虎達の出演回数はかなり異なっていた。レギュラー陣の中でも堀之内や加藤のように出演回数が多かったケースもあれば、逆にあまり出演する機会が無かった者もいた。逆に、準レギュラーでもレギュラー陣並みに出演回数の多い虎もいれば、わずか数回のみの出演で終わった虎もいた。
  • 収録日と放送日はまちまちであり、収録日から放送日まで1年以上の月日が空くこともあった。同日に収録したものに関しても、放送日がそれぞれ全く異なることも少なくなかった。そのため、同日に放送されたものでも、吉田栄作の服装が異なっていたり、出演した虎達が違うこともよくあった。また、同日の収録の際、一部の虎を入れ替えて収録を行うこともあった。
  • 番組当初、虎同士が対立する場面は少なかったが、南原竜樹が登場したころから多くなり、激化していった。また、志願者が出資する虎を選ぶ異例の事態が2回あった。いずれも、堀之内が出資を希望したがどちらも選ばれなかった。そのうちの1回は成功を収めている(前述した成功者の木製品製造代表取締役社長)。高橋がなりが、1人で全額融資するといった行動も多く見られた。
  • 岩井良明は最初志願者として番組に応募したが年齢制限があり、結果スタッフから虎としての出演をオファーされたという経緯を持つ[1]。そのため決して潤沢に資金を持っていたわけでもなく、最初に自分が関わったマネーが成立した際は手の震えが止まらず何度もNGを出してしまったという。また、マネー成立後に番組の出した条件をクリアし虎として出演する権利を獲得した志願者(前述した成功者のクレープ製造販売チェーン店元代表取締役社長)もいたが、結局出演は叶わなかった。
  • 「やらせは、一切なかった」と証言する志願者は存在する(抱き枕ビジネスの方)。
  • 志願者の成功者の1人が2008年に脱税で起訴され、懲役1年執行猶予3年罰金1800万円の有罪判決が言い渡された。社長は解任され、別の人物に経営権が引き継がれ、会社自体は現在も存続している。
  • 「虎」は成功した経営者として出演していたが、この番組の放映後、堀之内、小林、安田、上野[2]など、自らの事業が破綻した者も少なくない。破綻には至らなかったが南原の会社は取引先破綻の影響で巨額の負債を背負い、川原は本店閉店など事業縮小を経験した。番組で誇張された性格が、彼らの事業に影響したかどうかは不明である。
個性的な志願者たち
ノーマネーに終わった志願者でも、のちに敗者復活した例が2回ある。F1を目指すためにF3参戦の資金がほしいレーサー下山征人は、本番ではノーマネーに終わったものの、後日ふたたび南原に志願して出資を勝ち取った。2006年には尾崎の会社とマネージメント契約を締結している[3]。また、ベトナムで歌手活動していた境恒春は、本番ではノーマネーに終わったが、のちにプレゼンに参加していなかった川原と知り合う。自ら営業で環七の店舗に出向いたのがきっかけである。
ほかにも「パン、パン、サラダ、パン」の内村浩一(ノーマネー。焼きたて!!ジャぱん取材協力)、美少女キャラの抱き枕販売のチャンコ増田(ノーマネー)など、個性的な人物が多く登場した。
年俸3000万円企画
この番組をもとにした、「『マネーの虎』に出演した大物起業家が登場し、1人だけを年俸3000万円で採用する」ことをコンセプトとした企画は、2006年4月から「年俸3000万円!」としてこの番組の最後の枠で放送予定であったが、編成の都合上から放送することを断念した。ちなみに、募集していたHPにはぐるぐるナインティナインナイナイサイズ!のバナーがあった。
サブリミナル問題
2004年2月、番組のオープニングで「一瞬だけ一万円札が映る」という、サブリミナル効果(民放連で使用が禁止されている)の映像が使われていたと報道された。報道後、一万円札が映る場面は削除された。

各国バージョン[編集]

イギリス[編集]

Dragons' Den」(2005年1月4日~)

  • 放送局:BBC Two番組HP
  • 司会:エヴァン・ディヴィス(Evan Davis
  • シリーズ構成
    • シリーズ1(2005年1月4日 - 2月8日)
    • シリーズ2(2005年11月15日 - 12月20日)
    • シリーズ3(2006年8月3日 - 9月21日)
    • シリーズ4(2007年2月7日 - 3月7日)
    • シリーズ5(2007年10月15日 - 12月18日)
    • シリーズ6(2008年7月21日 - 9月8日)
    • シリーズ7(2009年7月15日 - 9月2日)
    • シリーズ8(2010年7月14日 - 9月6日)
    • シリーズ9(2011年7月31日 - 10月3日)
  • The Dragons(虎)
    • ダンカン・バナタイン(Duncan Bannatyne) シリーズ1以降
    • ピーター・ジョーンズ(Peter Jones) シリーズ1以降
    • サイモン・ウッドロフ(Simon Woodroffe) シリーズ1
    • ダグ・リチャード(Doug Richard) シリーズ1・2
    • レイチェル・エルノー(Rachel Elnaugh) シリーズ1・2
    • セオ・パフィティス(Theo Paphitis) シリーズ2以降
    • デボラ・ミーデン(Deborah Meaden) シリーズ3以降
    • リチャード・ファーレイ(Richard Farleigh) シリーズ3・4
    • ジェームズ・カーン(James Caan) シリーズ5・6・7・8
    • ヒラリー・ディヴェイ(Hilary Devey) シリーズ9

オーストラリア[編集]

Dragons' Den

ニュージーランド[編集]

Dragons' Den

イスラエル[編集]

Hakrishim」(ヘブライ語で「サメ」)

  • 放送局:Israel 10(番組HP
  • 司会:Guy Zohar

カナダ[編集]

Dragons' Den」(2006年10月3日から)

オランダ[編集]

Dragons' Den」(2007年5月から)

  • 放送局:KRO(番組HP
  • 司会:Jort Kelder

フィンランド[編集]

Leijonan kita」(フィンランド語で「ライオンの口」)(2007年9月27日から)

  • 放送局:MTV3(番組HP
  • 司会:アンナ・ソライネン

脚注[編集]

  1. ^ 岩井は当時41歳だったが、加藤和也が980万円出資したパスタ屋の志願者は出演当時44歳だった。
  2. ^ 不動産の総合管理 株式会社ZKR(旧・株式会社全管連) 民事再生法の適用を申請 負債136億5400万円 2013年8月19日
  3. ^ オリエンタルファクトリーとレーシングドライバー契約締結 F3レーサー下山征人と専属契約締結のお知らせ 2006年05月09日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 土曜24:50 - 25:50
前番組 番組名 次番組
マネーの虎
日本テレビ系 金曜20時台
マネーの虎
日本テレビ系 月曜22:54 - 23:24枠
あんグラ☆NOW!中京テレビ制作)
【水曜22:54に移動して継続】
マネーの虎
【本番組まで夜は別バラ22:54枠】
NNNきょうの出来事
※22:54 - 23:25
【30分繰り上げ】