マネキン2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マネキン2
Mannequin 2: On the Move
監督 スチュアート・ラフィル
脚本 エドワード・ルゴフ
デヴィッド・アイザックス
ケン・ルヴァイン
ベッツィ・イズラエル
原作 キャラクター創造
エドワード・ルゴフ
マイケル・ゴットリーブ
製作 ブルース・マクネイル
エドワード・ルゴフ
製作総指揮 ジョン・フォアマン
出演者 ウィリアム・ラグズデイル
クリスティ・スワンソン
音楽 デビッド・マヒュー
撮影 ラリー・パイザー
編集 ジョン・ローゼンマン
ジョアン・E・チャップマン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 大映
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年5月17日
日本の旗 1991年11月23日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $13,000,000[1]
興行収入 $3,752,428[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
前作 マネキン
テンプレートを表示

マネキン2』(Mannequin 2: On the Move)は1991年アメリカ合衆国の映画

続編と銘打っているが実質「マネキン (映画)」のリメイク。前作と共通しているのはプリンスデパートとオカマのハリウッドのみ。前作のヒットに頼った続編だが、『1』の配給元が関与しない低予算映画であるためあらゆる面で安さが漂うのが難点。

あらすじ[編集]

プリンスデパートに就職したジェイソン青年は、オカマの黒人従業員ハリウッドとイベント展示会の仕事をしていた。だが某王国から送られてきた目玉のマネキンは実は中世時代に「呪いでマネキン」にされてしまったお姫様ジェシーであり、ジェイソンは婚約者だった王子の転生した姿であったのだ。王国のライバルとのジェシー争奪戦を主軸にしたロマンティック・コメディ第2弾。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 VHS版日本語吹替 テレビ版日本語吹替
ジェイソン(主人公) ウィリアム・ラグズデイル 中村大樹 関俊彦
ジェシー(マネキン) クリスティ・スワンソン かとうれいこ 井上喜久子
ハリウッド・モントローズ ミーシャック・テイラー 緒方賢一 増岡弘
スプレッツル伯爵 テリー・カイザー 筈見純 青野武
ジェームズ支店長 スチュアート・パンキン 沢木郁也 福田信昭
ジェイソンの母親 シンシア・ハリス 火野カチコ 此島愛子
  • テレビ版日本語吹替:テレビ朝日『日曜洋画劇場』1994年1月16日(日)

参考文献[編集]

  1. ^ a b Mannequin 2: On the Move”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。

外部リンク[編集]