マヌエレ・ブラージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエレ・ブラージ Football pictogram.svg
Manuele Blasi - SSC Neapel (2).jpg
名前
ラテン文字 Manuele Blasi
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1980年8月17日(34歳)
出身地 ローマ
身長 179cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ASヴァレーゼ1910
ポジション MF
利き足 右足
代表歴
2004-2005 イタリアの旗 イタリア 8 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マヌエレ・ブラージManuele Blasi1980年8月17日 - )は、イタリアローマ出身の元同国代表、セリエBASヴァレーゼ1910所属のサッカー選手。ポジションはMF

来歴[編集]

フランチェスコ・トッティなど数多くの実力者を輩出したASローマ・アカデミーの出身で、16歳でトップチームに昇格するも、経験を積むためセリエBのUSレッチェにレンタル移籍。ここで12試合に出場し、1999年にローマに戻る。しかし、当時のローマの中盤は選手層が厚く、なかなか出場機会は巡ってこなかった。1999-2000シーズンに中田英寿がローマに加入する際の交換要員としてACペルージャに移籍(正式加入は2000-2001シーズンからで1999-2000シーズン終了まではローマに残留、2000年1月22日ピアチェンツァ戦でセリエAデビューを果たした)。 ペルージャでは、監督のセルセ・コズミからの信頼を得て、不動のレギュラーとして活躍し、3シーズン連続のセリエA残留に多大なる貢献をする。2002年ユヴェントスと契約を結ぶも、2002年-2003年シーズンはそのままペルージャに、2003年-2004年シーズンはACパルマにそれぞれレンタルされた。パルマでの2003-2004年シーズンでは、第2節の古巣ペルージャとの試合後のドーピング検査で、陽性反応を示し、長期出場停止に処せられ、このシーズンはわずか12試合の出場に終わってしまった。しかし、保有権を持つユヴェントスへ復帰した翌2004-2005シーズンは守備面において大きく進歩し、このシーズンのスクデット奪還に貢献した。パトリック・ヴィエラが加入した翌2005-2006シーズンはジョナタン・ゼビナの故障もあって右サイドバックにコンバートされたが、ファビオ・カペッロ監督を満足させることはできず、控えに甘んじた。2006-2007シーズンはレンタル移籍でフィオレンティーナへ加入したが、出場機会に恵まれず、2007-2008シーズンからナポリユヴェントスがそれぞれ50%ずつ保有権を持つ形でナポリに移籍、2シーズンにわたりレギュラーとしてプレーした。2009-2010シーズンはUSチッタ・ディ・パレルモにレンタル移籍した。2010-2011シーズンはナポリに復帰。2011年よりパルマFCに完全移籍。2012年1月、USレッチェへ移籍。

所属クラブ[編集]