マヌエル・プレシアード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・プレシアード Football pictogram.svg
Manuel Preciado.jpg
名前
ラテン文字 Manuel Preciado Rebolledo
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1957年8月28日(56歳)
出身地 カンタブリア州, エル・アスティジェーロ
没年月日 2012年6月7日(満54歳没)
身長 175cm
選手情報
ポジション DF
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

マヌエル・プレシアードManuel Preciado Rebolledo, 1957年8月28日 - 2012年6月7日)は、スペインカンタブリア州出身のサッカー選手、サッカー指導者。ポジションはDF

経歴[編集]

選手[編集]

地元のラシン・サンタンデールプリメーラ・ディビシオン(1部)の試合59試合に出場した。1978-79シーズンには自己最多の32試合に出場したが、クラブはシーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。3シーズンをセグンダ・ディビシオンのリナレスCFなどで過ごし、RCDマジョルカデポルティーボ・アラベスなどを経て、35歳近くになったプレシアードは1992年にRSヒムナスティカ・デ・トーレラベガで現役引退した。

指導者[編集]

1995-96シーズンにRSヒムナスティカ・デ・トーレラベガ監督に就任して指導者としての道をスタートさせると、1年目からテルセーラ・ディビシオン(4部相当)グループ1で優勝を果たす。1996年には選手として在籍したラシン・サンタンデールBの監督を任され、やはりテルセーラ・ディビシオンで優勝してセグンダ・ディビシオンB(3部相当)昇格を果たした。2000年に再びRSヒムナスティカ・デ・トーレラベガに戻ると、再度テルセーラ・ディビシオンで優勝した。こうして3度テルセーラ・ディビシオンで優勝したプレシアードは、2002-03シーズン途中にラシン・サンタンデールのトップチームに招聘される。2003-04シーズンにはセグンダ・ディビシオン(2部)のレバンテUDを率い、クラブとしては40年ぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。2004-05シーズンはレアル・ムルシアを率い、2005年夏、プリメーラ・ディビシオン(1部)のラシン・サンタンデールのトップチーム監督に就任すると、2005年12月21日にはレアル・マドリードに2-1で勝利する金星を挙げるなど、降格圏のクラブと勝ち点1差で残留を決めた。

2006年にスポルティング・ヒホン監督に就任すると、2007-08シーズンのセグンダ・ディビシオンを3位で終え、クラブとしては10年ぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たした。2008-09シーズンのヒホンはリーグ最低の予算であり、開幕から5連敗(6得点20失点)して降格は必至かと思われたが、失点を恐れずに攻撃的な采配を振ってバレンシアCFセビージャFCからも勝利を奪い、14位でプリメーラ残留を決めた。2009-10シーズンも15位で難なくプリメーラ・ディビシオン残留を決めた。2010年9月22日にカンプ・ノウで行われたアウェーでのFCバルセロナ戦において大幅なスタメン変更を行って試合に臨んだ(試合は1-0で敗戦)[1]。するとこの采配に対して、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督が「バルセロナに勝ち点をプレゼントしているチームが存在している」と発言し[2]、これに憤慨したプレシアードは「モウリーニョは下衆な人間」("bad colleague" and a "scumbag")と応戦し、メディアを介しての舌戦を繰り広げた[3]。11月14日には両クラブがエスタディオ・ムニシパル・エル・モリノンで対戦したが、この際はアウェーチームが1-0で勝利した[4]。しかし、2011年4月3日にエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで行われた試合ではヒホンが1-0で勝利し、FCバルセロナと共にリーグを独走していた格上を相手に大金星を挙げた[5]。シーズン開幕から続いていたレアル・マドリードのリーグ戦ホーム連勝記録(14試合)と、モウリーニョ監督がFCポルト時代から続けていたリーグ戦ホーム無敗記録(9年間、150試合)にピリオドを打つ事となった[6][7]。プレシアードは後に、「モウリーニョは我々の控室にやってきて祝福してくれたよ」と明かした[8]レアル・ソシエダに1-5で敗れて19位に落ち、2012年1月31日に成績不振を理由に解任された[9][10]

死去と周囲の反応[編集]

2012年6月6日、ヒホン同様にセグンダ・ディビシオン降格となったビジャレアルCFの監督に指名された[11]。しかし同日午後、バレンシア州のホテルで心臓発作を起こして死去した[12][13][14]。54歳であった。報道ではプレシアードはヘビースモーカーであったとされ、一日に約40本も吸っていたとされている[15]

AP通信は「プレシアードの突然の死はスペインのクラブ、監督、選手の間に感情的な反応の連鎖を導いた」と報じた[12]UEFA EURO 2012のためにポーランドに渡っていたスペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督はマルカ紙に「我々は皆ショックを受けている。朝食を食べていた時にそのニュースを聞いたんだ。彼は思いやりのある人物であり、良きスポーツマンであった。指導者として尊敬すべきサッカー人だった」と語った[12]。スペイン代表のフアン・マヌエル・マタは「この事実をうまく整理できない。僕はいつも彼の笑顔を思い返すよ」と語った[12]。かつて紙面上でやり合ったモウリーニョはレアル・マドリードの公式ウェブサイト上に「人間としても、性格、正直さ、戦う勇気などの観点を踏まえたスポーツ人としても、常に彼のことが好きだった。」という公開手紙を書いた[12]RCDマジョルカホアキン・カパロス監督は「彼のビジャレアル監督就任を聞いてとても嬉しかった。彼がプリメーラ・ディビシオン復帰に導くことを確信していた。彼は世界中の指導者から参考にされるべきだ」と語った[12]。ヒホンでは多くの人々がエル・モリノンに集い、プレシアードへの哀悼の意を表した[16]。同日にはヒホン市長がスタジアム近くの通りをAlameda de Manuel Preciado(マヌエル・プレシアード通り)に改名する提案を行った[17]

家族[編集]

妻とふたりの息子がいたが、2002年、妻が癌のために死去し、その2年後には、15歳の息子が自動車事故で死去した[4]。2011年4月20日、父親がサンタンデールで車に轢かれて死去した[18]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

監督[編集]

タイトル[編集]

  • RSヒムナスティカ・デ・トーレラベガ
テルセーラ・ディビシオン優勝 : 1996, 2000
  • ラシン・サンタンデールB
テルセーラ・ディビシオン優勝 : 1997
  • レバンテUD
セグンダ・ディビシオン優勝 : 2004

脚注[編集]

  1. ^ 物議を醸すS・ヒホンのスタメン落とし バルセロナ戦の8枚代えは正当か スポーツナビ、2010年9月28日
  2. ^ モウリーニョ:「バルサに勝ち点をプレゼントするチームがいるならば…」 Goal.com、2010年9月25日
  3. ^ ヒホン監督:「モウリーニョは下衆な人間」 Goal.com、2010年11月12日
  4. ^ a b Manolo Preciado earns the plaudits, but Real Madrid take the points The Guardian、2010年11月15日
  5. ^ マドリー、ヒホンに足元すくわれる Goal.com、2011年4月3日
  6. ^ Mourinho home record ended ESPN Soccernet、2011年4月2日
  7. ^ レアル、モウリーニョ監督のホーム無敗記録がストップ ロイター、2011年4月3日
  8. ^ Preciado: Mourinho entró en el vestuario y nos felicitó Marca、2011年4月2日 (スペイン語)
  9. ^ Lamento si hice algo mal, seré de este equipo siempre Diario AS、2012年1月31日 (スペイン語)
  10. ^ ヒホン、プレシアードの長期政権に終止符
  11. ^ Preciado ya es el nuevo técnico del Villarreal Marca、2012年6月6日 (スペイン語)
  12. ^ a b c d e f “Manuel Preciado dies suddenly at 54”. ESPN Soccernet. (2012年6月7日). http://espn.go.com/sports/soccer/story/_/id/8019954/manuel-preciado-coach-villarreal-dies-one-day-taking-job 2012年6月7日閲覧。 
  13. ^ Fallece Manuel Preciado en un hotel de la comunidad valenciana de un infarto El Comercio、2012年6月7日 (スペイン語)
  14. ^ Fallece Manolo Preciado Marca、2012年6月7日 (スペイン語)
  15. ^ Manuel Preciado – a tribute Balls Out In Public、2012年6月7日
  16. ^ Multitudinario homenaje a Preciado en El Molinón El Comercio、2012年6月7日 (スペイン語)
  17. ^ Manuel Preciado dará nombre a una calle El Comercio、2012年6月7日 (スペイン語)
  18. ^ Fallece el padre de Preciado por un atropello Marca、2011年4月20日 (スペイン語)

外部リンク[編集]