マヌエル・ピント・ダ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・ピント・ダ・コスタ
Manuel Pinto da Costa and US State Department delegation, Andrews Air Force Base, Maryland - 19860926.jpg
1986年9月26日、アメリカ合衆国アンドルーズ空軍基地にて

任期 2011年9月3日 –
任期 1975年7月12日 – 1991年3月4日

出生 1937年8月5日(76歳)
サントメ・プリンシペ、アグア・グランデ県
政党 無所属(2011年 - )
サントメ・プリンシペ解放運動社会民主党(1975年 - 2011年)

マヌエル・ピント・ダ・コスタ: Manuel Pinto da Costa1937年4月5日 - )は、サントメ・プリンシペの経済学者、政治家。サントメ・プリンシペ解放運動社会民主党(MLSTP)の一党制社会主義国家を築き、1975年から91年にかけて初代大統領を務めた[1]。2011年8月に大統領に再選され[2]、9月3日から任にある。

ドイツ民主共和国で教育を受けたため、公用語のポルトガル語にくわえドイツ語も堪能。アンゴラジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスとはMLSTPとアンゴラ解放人民運動が深い友好関係にあったころからの旧知の仲である[3]

民政移管に伴い行われた1996年の大統領選ではミゲル・トロボアダとの決選投票の末、47.26%と過半数に届かず落選した。2001年の大統領選でも、第一回投票でフラディケ・デ・メネゼスに過半数をとられ落選した[4][5]

1998年5月にMLSTP代表に選出され、2005年2月にギリェルメ・ポッセル・ダ・コスタに引き継ぐまで務めた[6]

2011年7月の大統領選には無所属で出馬。第一回投票で多くの票を得たが過半数には至らなかった。決選投票は8月7日に行われ、与党独立民主行動(ADI)から立候補した対抗馬のエバリスト・カルバーロを53%の得票率で破った[7]。選挙期間中、ダ・コスタは安定した政治と汚職の広範囲な撲滅を訴え[8]、主要候補の支援を得ることに成功。元首相のマリア・ダス・ネベスは「彼の構想はわが国に希望をもたらし得る」と明言した[9]。しかし、アナリストにはかつての独裁体制の復活を危ぶむ声もある[10]

脚注[編集]

  1. ^ Official website”. 2011年8月8日閲覧。
  2. ^ Staff writers (2011年8月7日). “Sao Tome picks new president”. Google News (Agence France-Presse). http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5h52_Ja8nGpjuYBH8s7UFlAGOqAwg?docId=CNG.5461b9ba016d10bd037873b0126a788c.861 2011年8月7日閲覧。 
  3. ^ John Ghazvinian. Untapped: The Scramble for Africa's Oil. Orlando: Houghton Mifflin Harcourt. 2007. pp. 231–232.
  4. ^ Veiga, Abel. “Sao Tome presidential vote set for run-off”. Google News. http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5it3oZM-oZ0b8GRA5guc0QbrEmylA 2011年7月20日閲覧。 
  5. ^ Elections in São Tomé and Príncipe, African Elections Database.
  6. ^ "Election de maréchal pour Guilherme Posser da Costa", AfriqueCentrale.info, February 27, 2006.
  7. ^ Agence France-Presse (2011年8月8日). “Manuel Pinto da Costa eleito Presidente de São Tomé” (Portuguese). Público. http://www.publico.pt/Mundo/manuel-pinto-da-costa-eleito-presidente-de-sao-tome_1506653 2011年8月7日閲覧。 
  8. ^ Staff writers (2011年8月8日). “Sao Tome independence leader Pinto da Costa wins poll”. BBC News. http://www.bbc.co.uk/news/world-africa-14442508 2011年8月7日閲覧。 
  9. ^ Veiga, Abel. “Former Sao Tome leader poised to retake power”. Agence France-Presse. 2011年8月8日閲覧。
  10. ^ Felix, Bate; Neto, Ricardo (2011年8月8日). “Sao Tome's Pinto da Costa wins presidential runoff”. Reuters. http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFL6E7J818Q20110808 2011年8月8日閲覧。 
公職
先代:
独立
サントメ・プリンシペの大統領
1975年 - 1991年
次代:
ミゲル・トロボアダ
先代:
フラディッケ・デ・メネゼス
サントメ・プリンシペの大統領
2011年 -
次代:
現職