マヌエル・バスケス・モンタルバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マヌエル・バスケス・モンタルバン
Manuel Vázquez Montalbán
誕生 1939年7月27日
スペインの旗 スペインバルセロナ
死没 2003年10月18日(満64歳没)
タイ王国の旗 タイバンコク
職業 小説家詩人
言語 スペイン語
ジャンル ハードボイルド
代表作 『楽園を求めた男』(1979)
主な受賞歴 プラネータ賞(1979)
フランス推理小説大賞(1981)
マルティン・ベック賞(1992)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マヌエル・バスケス・モンタルバン(Manuel Vázquez Montalbán、1939年7月27日 - 2003年10月18日)は、スペイン小説家推理作家ハードボイルド作家。男性。カタルーニャ州バルセロナ生まれ。小説のみならず、詩やエッセイの執筆、新聞紙上への論説文の発表、テレビやラジオの討論番組への参加など各方面で活躍した。

スペイン共産党のカタルーニャ支部であるカタルーニャ統一社会党(PSUC)の中央執行委員も務めた。

推理作家としては、1972年の『ケネディを殺した男』で私立探偵ペペ・カルバイヨ(Pepe Carvalho)を初登場させ、1975年の『刺青(いれずみ)』で主人公に抜擢。以来、カルバイヨを主人公とするハードボイルド小説を執筆し続けた。同シリーズの『楽園を求めた男』(1979年)は、スペインの優れた文学作品に与えられるプラネータ賞を受賞したほか、1981年にフランス推理小説大賞外国作品部門、1992年にスウェーデン推理作家アカデミーが主催し優れた翻訳作品に贈られるマルティン・ベック賞を受賞している。

また、同シリーズの『中央委員会殺人事件』(1981年)は1986年にドイツ・ミステリ大賞翻訳作品部門の第3位となっている。ドイツ・ミステリ大賞では1989年と1991年にもペペ・カルバイヨ・シリーズの作品が入賞している。

『中央委員会殺人事件』はスペインの映画監督ビセンテ・アランダにより1982年に映画化されている。

日本語訳作品[編集]

  • 私立探偵カルバイヨ シリーズ

(1972年の『ケネディを殺した男』を除いて、『刺青』をシリーズ1作目として数えている)

参考文献[編集]

  • 逢坂剛「本邦初のスパニッシュ・ハードボイルド」(M・バスケス・モンタルバン『楽園を求めた男』(1985年8月、創元推理文庫)解説)

関連項目[編集]