マニー・パーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニー・パーラ
Manny Parra
シンシナティ・レッズ #43
Manny Parra 20130625.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サクラメント
生年月日 1982年10月30日(31歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2001年 MLBドラフト26巡目(全体778位)
初出場 2007年7月20日
年俸 $1,000,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

マヌエル・アレックス・パーラ(Manuel Alex Parra, 1982年10月30日 - )は、MLBシンシナティ・レッズに所属する投手。アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント出身。左投左打。

経歴[編集]

2001年ミルウォーキー・ブルワーズからドラフト26巡目(全体778位)で指名され、2002年5月27日に入団。2007年は開幕をAA級のハンツビル・スターズで迎え、13試合で7勝3敗・防御率2.63を記録し、AAA級のナッシュビル・サウンズへ昇格。ナッシュビルでは4試合で3勝1敗・防御率1.74を記録し、6月25日のラウンドロック戦では完全試合を達成[2]

ブルワーズ時代[編集]

ベン・シーツ故障者リスト入りとクリス・スパーリングの忌引きリスト入りに伴い、メジャーへ昇格[2]。7月20日のジャイアンツ戦でメジャーデビューを果たした。8月30日のカブス戦で4回にバントをした際に親指の打撲により故障者リスト入り[3]。9月21日に故障から復帰したが[4]、メジャーで登板することなく、9試合の登板で0勝1敗・防御率3.76の成績でシーズンを終えた。

マイナーリーグでの活躍によりブルワーズ傘下の最優秀マイナー投手に選出され[5]2008年は先発ローテーション入りが有力視された[6]。スプリングトレーニングでは最初の4試合で防御率0.64を記録したが、その後の2試合で13失点と不調だったが[7]、開幕ローテーション入りを果たした。制球が安定した6月には5勝0敗・防御率2.59を記録し、ベン・シーツに次ぐ存在となった[8][7]。7月以降は2勝は2勝しか挙げられず、10勝8敗・防御率4.39の成績でシーズンを終えた。また、17暴投はリーグワーストで球団史上ワーストとなった。パーラ本人はこの制球難の原因を「少しでも打たれると考えすぎてしまった。打者に適応しようと必要以上にいろいろ考えてしまった」と分析している[9]

2009年は4月を4戦4敗で終え、シーズン初勝利は6試合目の登板となった5月6日のレッズ戦となった。制球難のため、シーズン半ばにはAAA級のナッシュビルへ降格した[10]。後半戦は防御率5.93だったが、8勝3敗を記録し、最終的には防御率6.36・11勝11敗の成績でシーズンを終えた。

2010年6月6日カージナルス戦にてMLB史上52人目となる1イニング4奪三振を記録[11]

2011年は全休するも、年俸120万ドルの1年契約でブルワーズと契約を延長した[12]

2012年11月30日にFAとなった。

レッズ時代[編集]

2013年2月1日シンシナティ・レッズと年俸100万ドルの1年契約で合意[13]。オフの10月31日にFAとなったが、11月27日に総額550万ドルの2年契約で残留したと報道された[14]

詳細情報[編集]

年度別投球成績[編集]





















































W
H
I
P
2007 MIL 9 2 0 0 0 0 1 0 1 .000 116 26.1 25 1 12 0 2 26 1 0 13 11 3.76 1.41
2008 32 29 0 0 0 10 8 0 0 .556 741 166.0 181 18 75 1 2 147 17 2 91 81 4.39 1.54
2009 27 27 0 0 0 11 11 0 0 .500 671 140.0 179 19 77 5 1 116 4 1 108 99 6.36 1.83
2010 42 16 0 0 0 3 10 0 0 .231 560 122.0 135 18 63 3 3 129 14 1 76 68 5.02 1.62
2012 62 0 0 0 0 2 3 0 9 .400 273 58.2 62 3 35 2 3 61 6 0 39 33 5.06 1.65
2013 CIN 57 0 0 0 0 2 3 0 16 .400 188 46.0 40 5 15 0 1 56 4 0 18 17 3.33 1.20
通算:6年 229 74 0 0 0 28 36 0 26 .438 2549 559.0 511 64 277 11 12 535 46 4 345 309 4.97 1.61
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 43 (2007年 - 2008年、2013年 - )
  • 26 (2009年 - 2012年)

脚注[編集]

  1. ^ Milwaukee Brewers 2010 Player Salaries and Team Payroll” (英語). ESPN.com. 2011年2月21日閲覧。
  2. ^ a b McCalvy, Adam (2007年7月17日). “Sheets to DL; Parra brought up” (英語). The Official Site of The Milwaukee Brewers. 2009年3月11日閲覧。
  3. ^ Zarefsky, Marc (2007年8月31日). “Parra bruises thumb on bunt attempt” (英語). The Official Site of The Milwaukee Brewers. 2009年3月11日閲覧。
  4. ^ Transactions September, 2007” (英語). The Official Site of The Milwaukee Brewers. 2009年3月11日閲覧。
  5. ^ Brewers announce organization's 2007 Minor League Player and Pitcher of the Year awards” (英語). The Official Site of The Milwaukee Brewers (2007年9月19日). 2009年12月19日閲覧。
  6. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2008』 廣済堂出版、2008年、335項。ISBN 978-4-331-51300-2
  7. ^ a b 石山修二 「MLB30球団最新レポート&全選手個人成績 ミルウォーキー・ブルワーズ/MIL 25歳のサウスポーはまさに今変身の最中」『スラッガー』2008年9月号、日本スポーツ企画出版社、2008年、雑誌 15509-9、85項。
  8. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、341項。ISBN 978-4-331-51370-5
  9. ^ 城ノ井道人 「MLB30球団レポート ミルウォーキー・ブルワーズ/MIL 前へ進めばいい。完璧である必要はない」 『月刊スラッガー』2009年5月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-5、81頁。
  10. ^ Associated Press (2009年7月8日). “Parra to return to rotation Thursday” (英語). ESPN.com. 2009年12月19日閲覧。
  11. ^ http://www.baseball-almanac.com/feats/feats19.shtml
  12. ^ Milwaukee Brewers Agree to Terms with Manny Parra”. 2012年1月12日閲覧。
  13. ^ Reds add Manny Parra, Miguel Olivo ESPN MLB
  14. ^ Reds re-sign reliever Parra to two-year contract MLB.com

外部リンク[編集]