マニュス・バクステット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Magnus Bäckstedt

マニュス・バクステット(Magnus Bäckstedt, 1975年1月30日 - )は、スウェーデンリンシェーピング出身の自転車競技のプロロードレース選手。1996年プロデビュー。193cm・94kgというロードレースにおいては規格外とも言える体格から「巨人」の愛称で呼ばれる。マニュス・バクステッドという表記も多い。


経歴[編集]

アマチュア時代の1993年にスウェーデン国内選手権のロードレース・ジュニア部門を全て制覇(個人ロード、個人タイムトライアル、チームタイムトライアル)するという驚異的な記録を残して、1996年にコルストロップ・パルマンスでプロデビューした。

そして1998年に初出場したツール・ド・フランスの第19ステージで優勝。さらに1999年のツアー・ダウンアンダーでは総合3位に入った。

以後しばらく特別目立った成績を残せない時期が続いたが、2002年にスウェーデン選手権の個人ロード部門で優勝。翌2003年にはジロ・デ・イタリアでインテルジロ賞を獲得。さらにスウェーデン選手権では個人タイムトライアル部門優勝、個人ロード部門2位という活躍を見せた。

そして2004年はヘント〜ウェヴェルヘムで2位に入り、その後のパリ〜ルーベではトリスタン・ホフマン、ロジャー・ハモンド、ファビアン・カンチェラーラとの4人のスプリント争いを制し、6時間40分26秒のタイムで優勝。1998年のツール・ド・フランスステージ優勝に続いて、2つ目となるビッグタイトルを獲得した。

2007年にはスウェーデン選手権の個人ロード部門で2回目の優勝。2008年 からはアメリカプロコンチームであるスリップストリームチームに移籍したが、2月のツアー・オブ・カタールで落車して鎖骨を骨折。春のクラシックシーズンを棒に振った。しかし同年のジロ・デ・イタリアでは第1ステージのチームタイムトライアル制覇に貢献した。

主な成績[編集]

グランツール[編集]

  • ジロ・デ・イタリア インテルジロ賞(2003年)
  • ツール・ド・フランス1勝(1998年)
  • ジロ・デ・イタリア1勝(2008年) ※チームTTによるもの

ワンデーレース[編集]

  • スウェーデンの旗 スウェーデン選手権・個人ロードレース 優勝(2002年、2007年)
  • スウェーデンの旗 スウェーデン選手権・個人タイムトライアル 優勝(2003年)
  • パリ~ルーベ 優勝(2004年)

外部リンク[編集]