マニトゥーリン島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マニトゥーリン島
マニトゥーリン島の位置(赤色)

マニトゥーリン島: Manitoulin Island)は、北アメリカヒューロン湖の中にあるカナダオンタリオ州に属する。面積は2,766km²で、淡水湖の中にある島としては世界最大の面積をもつ。世界で174番目に大きい島で、カナダでは31番目に大きい島である。

「マニトゥーリン」は、先住民族オジブワ族の言語オジブウェー語で「魂の島」を意味する。

概要[編集]

島の北はノース海峡、東はジョージア湾と接している。ノース海峡にはリトルカレントが架かっている。春の終わりから10月初めまでは、ブルース半島先端のトバーモリーとマニトゥーリン島南のサウスベイマスとの間にフェリーが運航されている。

島内には18の町がある。

この島には淡水湖が108箇所あり、また、カガウォング川、マニトゥー川、ミンデモヤ川があり、タイセイヨウサケマスが産卵を行う。

島にある湖のうち、面積約104km²のマニトゥー湖は「淡水湖の中の島にある湖」として世界最大のものである。この島にある湖には島のあるものがあり、さらにこれら「島の中の島」には湖を持つものがあるなど、特異な世界最大を複数保有している。

関連項目[編集]