マトヴェイ・グセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マトヴェイ・グセフ(Matvey Matveyevich Gusev、ロシア語:ロシア語: Матве́й Матве́евич Гу́сев1826年11月28日旧暦11月16日)-1866年4月22日(旧暦4月10日))は、ロシア天文学者である。キーロフで生まれ、サンクトペテルブルク近郊のプルコヴォ天文台で1850年から1852年まで研究し、その後、ヴィリニュス大学ヴィリニュス天文台を創設し、そこで研究を行った。

1860年、彼はロシア国内で最初の学術誌となる、数学と物理学の専門誌Vestnik matematicheskikh nauk (Вестник математических наук)を創刊した。1865年にはヴィリニュス天文台の台長となった。

また彼は、1860年に、地球に向かって引き伸ばされた形をしていて、真球ではないことを初めて証明した[1]。彼は、ヴィリニュス天文台在職中に月や、黒点を含む太陽の写真を撮り、天文学の分野で写真を用い始めた草分けの1人と考えられている。

グセフは1866年にドイツベルリンで死去した。火星上でスピリットの着陸地点として有名になった大きなクレーターは、彼の名前にちなんでグセフと命名された。

出典[編集]