マティアス・ヤコブ・シュライデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュライデンによる様々なクラゲの図
シュライデン

マティアス・ヤコブ・シュライデンMatthias Jakob Schleiden1804年4月5日1881年6月23日)は、ドイツ植物学者生物学者テオドール・シュワンと共に細胞説の主唱者として知られる。

ハンブルク出身。元は弁護士だったが1832年自殺未遂を起こし、生物学、特に植物学に目覚める。「生体の基本的単位は細胞であり、これは独立の生命を営む微小生物である」と唱え、1850年からイェーナ大学植物学教授を務めた。ただし、このとき、核が成長して細胞になるといった誤った発表もおこなっていた。1863年からドルパート大学に招かれ、植物学の教授を務めた。